1. TOP
  2. 中古車購入時の名義変更費用はいくらなのか調べてみた
Sponsored Links

中古車購入時の名義変更費用はいくらなのか調べてみた

中古車購入時の名義変更費用

車は高額な買い物です。車両本体価格も高いですが、購入手続きに関するいろいろな費用もいろいろとかかってきます。中古車購入時に「諸費用」という名目で計上される費用の中には、陸送費や自動車取得税などが含まれます。そして、シャン車と違って「名義変更」の費用も掛かってくるのです。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

車庫証明書の発行費用は高くないが時間がかかる

まずは、名義変更にあたって必ずかかる費用のふたつ、車庫証明書の費用と登録移転料についてご説明しましょう。

中古車を買う手続きが始まったら、真っ先にやるのが車庫証明書を取得することです。車庫証明書はこれから購入する車を保管する(駐車する)ための場所が確保できているという証明書です。これは新車でも中古車でも車の購入時には必要な書類です。

車庫証明書は管轄の警察署で発行してもらいます。所定の用紙が警察署にありますので、必要事項を書き込みます。車庫証明書を申請する時点で車をとめる場所が決まっていなくてはいけませんから、事前に駐車場の確保はしておかなくてはいけません。適当な場所を申請書に書くと、後から警察が場所の確認をおこなう時に「ここではとめられません」ということになり、車庫証明の登録ができません。車も買えなくなりますから、気をつけましょう。

車庫証明書を発行してもらうのには、印紙の購入が必要です。金額は都道府県によって違いますが、普通車の場合なら、¥2800くらいが上限になります。なお、車庫証明書を発行してもらうには最低でも4日程度はかかります。日数に余裕をもって申請をしましょう。

移転登録費用は安いが車検切れだと車検代が別途発生する

次に必要なのが移転登録の費用です。中古車の移転登録とは、車の所有者を新しい購入者に変更することです。現状の車の所有者名は車検証に記載がされていますので、これを新オーナーに書き換えてもらわねばなりません。

移転登録の費用は、移転登録手数料(¥500ていど)と申請書の用紙代(¥100くらい)です。このほかんにナンバーの変更が必要なら、別に新しいナンバープレート代として¥1000~¥2000ほどがかかります。

移転登録の費用はそれほど掛かりませんが、問題になるのは車検切れの中古車です。車検が切れている(または一時抹消登録がされている)車は、そのままでは名義変更ができません。先に中古車を車検に通す必要があるのです。

車検切れ→車検を通す→名義変更手続きの流れになりますから、車検費用は新オーナーの負担です。車の購入費に上乗せされる費用ですから、中古車の購入時には車検までの期間がどれくらい残っているのかを確認しておきましょう。

自動車取得税がかかる中古車もある

中古車の名義変更にかかる実費としては車庫証明の発行費用と移転登録の費用だけですが、このほかに自動車取得税がかかることもあります。
自動車取得税は、車の購入時に、所有者に対して発生する税金です。

金額は車種によって変わりますが、中古車の場合は標準課税額と残価率で計算します。標準課税額は「自動車取得税の課税基準額及び税額一覧表」に記載されているもので、あらかじめ決められています。そこへ残価率という車の資産価値をあらわす割合をかけて「取得価額」を算出します。

取得価額が50万円以下なら自動車取得税は発生しません。中古車なら、軽自動車は50万円以上になることが少ないのですが、普通車は50万円を超える車もあります。車の購入を決める前に、自動車取得税がかかるかどうかも販売店に確認しておきましょう。

代行してもらうと手数料がかかる

こういった中古車の名義変更は販売店に委託する人も多いでしょう。自分でも手続きはできますが、平日に陸運局に行くなど手間がかかりますし、仕事があるので1日かけて名義変更をするのが面倒だということもあります。販売店に委託するほうが楽でしょう。

ただし、代行を頼めば手数料がかかります。だいたいどの中古車販売店も、¥10000以上の手数料を設定しています。自分で名義変更をすれば¥5000~¥6000で済むので、最近は代行を頼まずに個人で名義変更をする人も増えています。

時間がかかる書類もあるので早めの手続きを

中古車の名義変更費用とは、車の所有者を前オーナーから新しいオーナーへ変更するための手続きです。法律上はこの手続きが完了するまでは車は中古車販売店や前のオーナーの所有物で、新オーナーの物にはなりません。

車庫証明書のように、申請してから数日たたないと手に入らない書類もありますから、委託せずにすべて自分で手続きをする場合は早めに準備を始めましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

中古車購入時の名義変更費用

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車購入時のリサイクル料金|仕組みや内訳を理解しよう!

  • 中古車ローンの選び方と金利を抑える方法|元利均等返済と元金均等返済の違いを知ろう!

  • 中古車購入時の自動車取得税を0円にする裏技を公開!

  • 納車後は遅い?中古車の任意保険に加入するタイミングとは!?

  • 中古車の節税方法って知ってる?税金を節約してゆとりのあるカーライフを実現!

  • 中古車の値引き交渉のコツ|破格で購入するための4つのポイント