1. TOP
  2. 中古車購入時の自動車取得税を0円にする裏技を公開!
Sponsored Links

中古車購入時の自動車取得税を0円にする裏技を公開!

中古車を購入するときには、車両本体価格だけでなく諸経費が掛かります。経費のうちで、どの中古車販売店で購入しても同じ金額なのが税金です。車は本体が高額なだけに、税金も沢山かかります。中古車購入時にかかってくる税金はどれもできれば支払う金額を少なくしたいものです。自動車所得税を節税するなんて、できるものでしょうか。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

自動車取得税とは

自動車取得税は、自動車を購入して車を取得した人に対してかかる税金です。課税対象には自動車も軽自動車もふくまれ、新車と中古車では税率が違います。新車と中古車を比較すると中古車の税率が低くなり、中古車といっても年式が新しければそれだけ税率が上がります。新車登録からの期間が短いほど、自動車取得税の税率が上がると思っておきましょう。

自動車取得税にはいろいろな条件が付帯しており、たとえば相続による取得(身内がなくなり、所有していた車を譲り受けたなど)については課税されませんし、所有者が障がい者であるケースも減免される可能性があります(一定の条件に該当する必要があります)。

なお、自動車取得税は平成26年3月までは車両価格に対して5%がかかっていましたが、平成26年4月から3%に変わりました。今後、消費税が10%になったときには自動車取得税そのものが廃止され、環境性能割税に変わる予定でした。しかし消費税の増額時期がはっきりしなくなったため、自動車取得税がなくなる時期もわからなくなりました。当分は、引き続き自動車取得税がかかります。

中古車購入時の自動車取得税は安い?

新車に比べて、中古車のほうが購入時の自動車取得税が安いのは、計算式にのっとっています。車の「取得価額」が関係するからです。取得価額とは、車の購入代金などの意味です。中古車の取得価額は、一定の公式にあてはめて計算することができます。課税標準額×残価率=取得価額です(計算上、¥1000未満は切り捨てます)。

この取得価額に3%(軽自動車は2%)をかけたもの(取得価額×残価率)が自動車所得税の金額です。残価率は、新車購入時を1.0として計算し、経過年数の半年ごとに下がっていきます。残価率は普通自動車では6年まで設定されており(軽自動車は4年です)、最終的に一番低い残価率は0.100です。

この公式を用いて、残価率を課税標準額に掛け合わせるため、新車よりも中古車のほうが税額は安くなります。残価率は自動車の新車登録からの年数によって掛け率が変わりますから、おなじ中古車と言っても年式の古いもののほうがより税率が下がります。

購入タイミングを選べば自動車取得税を節約できるかも

ちなみに、この残価率は半年ごとに車の経過年数を見直します。年に2回、1月7日と7月1日に経過年数が上がることになり、当然その車の残価率も変わります。つまり、中古車は購入するタイミングを1月もしくは7月の初め以降にすると、少しですが自動車取得税を節税することができます。

ただし、この節税手段が使えるのは、新車登録されてから6年以内の車に対してだけです。普通車は新車登録後6年がたてば、残価率は最低の0.1で最低値になります。これ以上はどれくらい古い車であっても残価率は変わりませんから、いつ購入しても節税はできません。

中古車の自動車取得税を¥0にする方法

もっと言うなら、自動車取得税を払わずにすませたい。こういう人は先ほどの計算した取得価額が50万円以下の車を探しましょう。これなら、はじめから自動車取得税の課税対象になりません。

中古車市場においては、軽自動車以外で課税標準額×残価率が50万円以下の車(かつ、状態がいい車)を探すのはちょっと難しいかもしれません。しかし最近は中古車販売店であつかう車種も増えましたし、グレードを落としたり、年式が古いものにしたり、色を人気色から変えたりするだけで価格はガクンと下がります。根気よく探せば、自動車所得税を払わなくて済む車があるはずですから、頑張ってみましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車購入時の予算の組み方を解説!車検費用やローンの頭金には要注意!

  • 中古車の減価償却と耐用年数|新車の方がコストが安くなるって本当!?

  • 中古車購入時の名義変更費用はいくらなのか調べてみた

  • 中古車ローンは支払いシミュレーションを活用すると無駄なく返済できる!

  • 納車後は遅い?中古車の任意保険に加入するタイミングとは!?

  • 中古車購入時のリサイクル料金|仕組みや内訳を理解しよう!