1. TOP
  2. 中古車の車内清掃方法を徹底解説!業者に依頼する前に読んで欲しい!
Sponsored Links

中古車の車内清掃方法を徹底解説!業者に依頼する前に読んで欲しい!

中古車の車内清掃方法を徹底解説!

欲しい車を中古車で買った!足回りには問題がなさそうですが、内部をもう一度きれいにしたいというときがあります。中古車販売店で販売している車は、基本的に車内外ともにクリーニングが終了していますが、購入後に内部をクリーニングする方法をご紹介しましょう。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

必要な掃除グッズは家にあるもので間に合う

自分で車のルームクリーニングをしたいときは、まず以下の清掃グッズを用意しましょう。ぞうきん・バケツ・古い歯ブラシ・粘着テープ式のカーペットクリーナー・霧吹き・掃除機です。ぞうきんは2~3枚必要で、マイクロファイバーの布があると便利です。

掃除機はコードレスのハンディタイプがあると一番いいのですが、普通のものでも構いません。先が細くなっているノズルに付け替えて使用します。このほか、シートやマットのホコリをはたくために、布団たたきがあるといいでしょう。

座席シートは洗剤+タオル+歯ブラシでこすると汚れが浮き出す

まず座席シートのクリーニングです。これは硬く絞ったタオルに薄めた中性洗剤をしみこませて表面を吹きましょう。ただシートの素材によっては水拭きすると色落ちするものがありますから、最初は目立たないところを拭いて、確認してから始めます。

シートのシミになっている部分には古い歯ブラシを使いましょう。ホコリや汚れがシート表面に浮き出してきますから、固形の汚れは掃除機で吸い取ります。水拭きをした後は車内の換気を十分におこない、シートを乾燥させて終了です。この換気がしっかりできていないと、ルームクリーニング後にかえって嫌な臭いが発生することがあります。要注意ポイントです。

床掃除は掃除機とコロコロを使いマットは水洗いをする

次に床そうじ。これは掃除機を使いましょう。しっかり掃除したいのは、座席の下です。ここには考える以上のゴミがたまっています。座席を移動さっせてしっかり見ながら掃除機をかけましょう。

先に掃除機をかけて、あとから仕上げとして粘着式クリーナーでホコリやかみの毛、微細なゴミなども取り除きます。足元のマットが取り外せるなら、布団叩きでホコリと大きなごみを落とし、それから水洗いもしくは掃除機をかけて、水洗い後はしっかりと乾燥させます。乾燥させる時間がないときは、最初から水洗いにせずブラシをしっかりかけて、汚れとほこりを落としましょう。

ダッシュボードやシートベルトは洗剤+タオルで拭く

ダッシュボードやインパネ回り、ハンドルなどは拭き掃除が効果的です。このあたりは手で触ることがおおいので、脂が付きやすいのです。プラスチック樹脂でできているので、汚れは薄めた中性洗剤とタオルでふき取ります。

意外と忘れがちなのがシートベルトです。ここも日常的に手でふれる部分ですから意外と汚れています。洗剤とタオルでしっかり拭きましょう。
細かいみぞやスキマにもゴミが詰まっていることがありますから、ここは歯ブラシでかき出します。ひととおりゴミが取れたら、洗剤とタオルで汚れを落としましょう。タオルはマイクロファイバー製のものをつかうと汚れ落ちがいいですよ。

大掃除しようと思うと3時間はかかる

車のルームクリーニングは、しっかりやろうと思ったら3時間以上はかかります。内部には細かいものが多いですし、シートがあるために身動きがしづらく、時間がかかるのです。ちなみにクリーニング専門の業者に依頼しても、やはり3~4時間程度はかかります。

クリーニングのたびに3時間もかけられないと思うでしょうが、これは車内の隅から隅までじっくりと掃除したときの時間です。部分的に、今日はシート下の掃除を、今日はマットを洗って干そうなどと、こまめに分けて掃除をすれば、1回あたりの時間は1時間程度で済みます。車内の掃除機などは、ガソリンを入れに行くついでにハンディクリーナーを借りるといいでしょう。セルフ式のスタンドなら、クリーナーを置いているところが多いんです。

車のクリーニングは家の掃除と同じです。気になった時にこまめに掃除をしていれば、大掃除をする必要はありません。専門の業者にお金をだして徹底的にクリーニングしてもらうか、自分でこまめに掃除をしていい状態を維持していくか、どちらがいいのかはお財布と時間の余裕を見て決めましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

中古車の車内清掃方法を徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車の平均走行距離|10万キロ超えでも安心して乗れる!?

  • 購入したい中古車に傷やへこみがある場合の対処法とは!?

  • 車内がヤニ臭い!中古車に染み付いたタバコ臭を取る方法とは!?

  • 法定整備と車検の違い|中古車購入時は未整備車に注意!

  • 新車と中古車の維持費|メンテ代・ガソリン代・税金を比較してみた

  • 中古車購入後の車検で注意すべき4つのポイント