1. TOP
  2. 中古車の平均走行距離|10万キロ超えでも安心して乗れる!?
Sponsored Links

中古車の平均走行距離|10万キロ超えでも安心して乗れる!?

中古車の平均走行距離

中古車を購入するとき、気になるのが走行距離です。年式が新しい車でも、走行距離が多ければ車を購入後に不具合が出ることがあるなどと聞けば、ますます気になります。一般的な中古車の平均走行距離の目安はどれくらいなのか、中古車はどれくらいの距離を走れるものなのかを知っておきましょう。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

5万キロを超えると買取り金額が一気にダウン

一般的に中古車市場に多く出回っている車は、目安として5万キロ以下といったところでしょう。これには理由があって、5万キロを超えると下取りや買取り金額が一気に少なくなるからです。

同じグレードで同じ年式の中古車であっても、4万キロ台なら満足できる買取り金額なのに、ほんの少しでも5万キロを超えればガクンとさがる。これは4万キロ台なら買い手がとてもつきやすいからです。こういうことを聞くと、5万キロの直前で「そろそろ売りに出そうかな」と思う人が増えますね。

5万キロ以上の車だと、何年乗ったのか?ということも気になります。だいたい目安として1年に1万キロ走っている車が標準です。ですから7年乗っている車なら7万キロ前後、10年落ちなら10万キロ前後が標準的な走行距離です。

走行距離が少ない車は高値になるので、7年乗って6万キロ程度の車のほうが買取り金額も上がりますし、10年で8万キロのほうが同じグレード・年式でも高額で買取りされます。

年式に比べて走行距離が極端に少ない車は要注意

では、年式が古くても走行距離が少なければそれでいいのか。これはそうとも断言できません。なぜなら、1年で1万キロという目安から極端にかけ離れている走行距離の車もトラブルが起きやすいからです。

たとえば10年乗った車なのに、走行距離が3万キロ程度という中古車があるとします。標準の半分くらいの走行距離ですから、この車はお買い得でしょうか。これはちょっと購入前に車の状態をくわしく確認したほうがいいでしょう。なぜなら極端に走行距離が少ない車というのは、長い間だれも乗らず、放置されていた可能性があるからです。

車は機械です。機械は定期的に動かしていたほうがいい状態を維持しやすく、車なら長期間乗らずにエンジンもかけていないとかえってトラブルが起きやすいのです。塗装や消耗品の傷み具合なども、車が走っていないとよくわかりません。ですから年式のわりに走行距離が少なすぎる車は、価格が安くても要注意の車というわけです。

10万キロ超えでもメンテが万全ならトラブルなし

日本の中古車市場では、だいたい10万キロも走ると「よく走った車」です。10万キロも乗った車は買取り金額もほとんどつかず、廃車費用が出れば儲けもの。こう考えて走行距離が10万キロに近づいたら、そろそろ車の替え時か、と思う人が多いようです。

しかし日本で買い取られた走行距離10万キロの車のほとんどは海外に売られているという現実を知れば、もっと走れるのではないかと思うでしょう。機能的に見て、車はどれくらいの距離を安全に走れるものなのでしょうか。

一般論ですが、日本車で定期的なメンテナンスをきちんと行っていれば、30万キロくらいは走れると言われます。日本での目安は10万キロですが、アメリカやヨーロッパなどでは10万キロ以上走っている車は珍しくありません。20万キロ以上なんていう車がゴロゴロしています。

もちろん、それほど古い年式の車でなく、オイル交換や定期点検をきちんとおこなっているという条件付きですが、性能のいい日本車なら20万キロくらいは走れそうです。

きちんと手入れをして丁寧に乗れば10万キロを超えても大丈夫

ちなみに、長距離を走っているタクシーの場合、安全上の理由から車を変えるのは走行距離40万キロだと言います。これはタクシーの車両が特別に長持ちするというわけではなく、こまめに点検と整備を繰り返して丁寧に乗っていれば、40万キロくらいまでは安全に走行できるという意味です。

車の機能は年々向上しているため、今の日本車なら走行距離が10万キロていどなら、あわてて乗っている車を売る必要はないことになります。むしろ10万キロの中古車の買取り金額がそれほど高額でないということなら、手持ちの車を乗りつぶすつもりで20万キロまでがんばってもいいでしょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

中古車の平均走行距離

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 法定整備と車検の違い|中古車購入時は未整備車に注意!

  • 購入したい中古車に傷やへこみがある場合の対処法とは!?

  • 中古車購入後の車検で注意すべき4つのポイント

  • 新車と中古車の維持費|メンテ代・ガソリン代・税金を比較してみた

  • 中古車の車内清掃方法を徹底解説!業者に依頼する前に読んで欲しい!

  • 車内がヤニ臭い!中古車に染み付いたタバコ臭を取る方法とは!?