1. TOP
  2. 良質な中古車の購入方法|年式と走行距離どっちを重視すべき?
Sponsored Links

良質な中古車の購入方法|年式と走行距離どっちを重視すべき?

良質な中古車の購入方法

昔から中古車に関して言われることで「年式が新しいが長距離を走っている車と、10年落ちだが走行距離がほとんどない車、どっちを買うべき?」というのがあります。中古車は新車ではありませんから、年式が新しい上に走行距離が少ないなんていう条件のいい車は少ないのです。年式を取るか走行距離を取るか、たしかに悩ましい問題です。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

車の法定耐用年数は6年|古ければ価値が下がる

車は販売開始から時間が経てば経つほど価値が下がっていきます。モデルチェンジがあれば中古車市場における価格は一気に安くなりますし、販売後10年がたった車は価値がないとまで言われることもあります。たしかに税務処理から見ても、普通乗用車の資産価値は6年です。減価償却で新車を購入してから6年経てば、走行距離が何キロだろうと資産価値としてはゼロ円です。これは法定耐用年数が6年と決められているからです。

どれほど丁寧に乗られた車でも、年式が古ければ下取り金額はそれほど高くなりませんし、中古車販売店の買い取り価格も下がります。年式は、査定における重要な基準なのです。

これは、年式の古い車は部品も劣化しているため、中古車としては整備や修理など維持費のかかる可能性が非常に高くなり、気買取金額を上げることはできないんです。

年式が新しくても長距離走行の車は消耗品が劣化する

それなら年式が新しい中古車を買おう!と思いますね。しかし、そこにも走行距離という落とし穴があります。たとえ2年落ちの中古車であっても、走行距離が8万キロを超えていれば消耗品が劣化しているためです。

エンジンに問題がなくても、8万キロ以上走っている車はファンやエアコン、タイミングベルトなどのゴム製品が摩耗して、交換しなくてはなりません。バッテリーやプラグなど、電装系も点検・修理が必要な車が多いですね。こうなると、たとえ6年落ちでも走行距離が4万キロなどという中古車のほうが、購入後に長く乗っていられるかもしれません。

現在は、製造後10年経っている中古車であっても、車検は2年ごとです。以前のように毎年車検を受けなくても問題なく走れる車が増えているため、期間が延びました。日常的に街中で乗り回す程度なら、年式が古くても走行距離が少ない車がいいかもしれません。

5年以内の車で走行距離が少なければトラブルも起きにくい

10年落ちというのは、さすがにトラブルが多い車かもしれませんが、5年以内の中古車ならそれなりに安定していることが多いものです。今は新車の開発スピードが速いですから、5年もたてばたいていの車種がモデルチェンジをしています。フルモデルチェンジをしていれば、前の型の車はグッと安くなり、新車では手の出なかったグレードの車でも十分に購入対象になります。

日本車の性能は非常に高くなっており、製造後5年経っていても、走行距離が少なくてきちんとメンテナンスさえしてあれば問題なく走れる車がほとんどです。よほど毎日長距離を走る人でなければ、5年以内で走行距離の短い中古車を基準にして、ほしい車種から選んでいくといいでしょう。もし複数の希望車種があってほぼ同じような状態だとしたら、まよわず走行距離の少ない車を選ぶと安心です。

メンテナンスや点検・整備履歴も重視しよう

もう一つ大事なのが、前のオーナーさんがどれくらいのメンテナンスをしていたのかという点です。車は機械ですから、定期的に点検・整備・メンテナンスをしてきた車のほうが、状態がいいものです。

年式が多少古くても、走行距離が少なくて定期点検整備記録簿にしっかりとメンテ記録が記載されている車がおすすめです。車検はもちろんですが12ヶ月や24ヶ月の法定点検をきちんと受けてきた車は、消耗品も交換されているので、比較的いい状態のまま維持されています。

中古車を購入するときは、どうしても車種やグレード、車両価格が安い車に目が行きがちです。しかし購入後に長く安心して乗れる車を選ぶには、走行距離や点検・整備履歴などをしっかりチェックしておいたほうがいいでしょう。中古車は購入してからのコストも含めて考えると失敗しないですね。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

良質な中古車の購入方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車の保証って入る必要ある?知らないと絶対後悔しますよ!

  • 中古車が納車されるまでの流れ|急ぐとトラブルのもとに!?

  • 新車と迷っているなら読んで!中古車購入のメリットとデメリット

  • 欲しい中古車が近所の販売店に無い!遠方のお店で購入する方法

  • 中古車が安くなるのはいつ?超お得な買い時を教えます!

  • 中古車の納車にかかる費用は?無駄な出費を減らす秘訣