1. TOP
  2. 中古車購入後の車検で注意すべき4つのポイント
Sponsored Links

中古車購入後の車検で注意すべき4つのポイント

中古車購入後の車検で注意すべき4つのポイント

中古車を購入した後に、車検を受けることもあります。新車なら購入後3年に初回の車検を受けますが、中古車は購入したタイミングで1年後や半年後に車検を受けなくてはなりません。新車と中古車、車検を受けるときに違う点はあるでしょうか。そして中古車ならではの車検の注意点とは?

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

購入契約前に必ず車検までの期間を確認しよう

まず中古車を購入する場合は、かならず次回の車検までどれくらいの期間が残っているのかを確認しましょう。中古車販売店があつかう車の中には、車検まで1年残っているものと、車検切れ直前のものがあります。なかには車検が切れてしまっている車もありますから、購入前に車検前の残期間を確認して、予算をたてておきましょう。

車検切れの中古車は、お値打ち価格で売られていることが多いのですが、これは車を購入後に車検を受ける必要があるためです。車検切れの中古車を購入するときは、車両本体価格+諸費用+車検費用が掛かることを理解しておきましょう。車のフロントガラスには車検満了日が記載されているステッカーが貼ってありますので、満了日の1か月前を目安に車検を受けるようにします。

ちなみに、車検切れの車は公道を走ることができません。検査を受ける整備工場まではトラックなどで運んでもらわなくてはなりませんので、要注意です。もし車検切れの車で公道を走ったとしたら、「無車検走行」として、違反点数6点と6か月以下の懲役または30万円以下の罰金を科せられます。

中古車の車検は整備費用がかかることが多い

中古車というのは、すでに前オーナーが数年走った後の車です。年式が古かったり走行距離の長かったりする車は、新車よりも故障やトラブルが起きる可能性が大きい。部品の摩耗や各パーツの不具合も起きてきますから、車検時の整備費用が新車よりかかるのです。

中古車は最初の車両購入金額がお値打ちであるぶん、維持費が新車よりかかるという前提で考えるといいでしょう。もし車検費用を少しでも減らしたいと思うなら、車検をディーラーに出さずに整備工場や車検専門店で受けることも検討します。

どちらも比較的お安く車検ができ、整備士の研修などもしっかりしています。ディーラーよりも安く済む理由は、部品をリビルドにしたり、大量仕入れで部品代を安くしたりしているからです。

中古車だってディーラー車検に出せる

ここまできて「あれ、中古車ってディーラー車検に出せるの?」と思う人もいるでしょう。もちろん、中古車もディーラー車検をお願いできます。系列のディーラー(キューブなら日産にもちこむなど)なら何の問題もなく車検を受けてくれますし、他系列のディーラーでも受けてくれます。ただし他系列の場合は部品の取り寄せなどに時間がかかることもあり、なるべく系列のほうがおすすめです。

ディーラー車検は、整備工場や車検専門店よりはコストが高いというデメリットがあります。しかし整備能力が高くて整備保証をつけるディーラーが多いので、安心感はあります。費用は高額になりがちなんですが、費用を取るかディーラーの保障を取るかをよく考えて決めましょう。どちらがいいのかは、車検を受けるときの車の状態によって判断すればいいんです。

会員になっているカーショップやガソリンスタンドでもできる

整備工場、車検専門店、ディーラー。これ以外に中古車がお得に車検を受けられるところはないのか。よく考えたら、行きつけのカーショップやガソリンスタンドでも車検ができるところがあります。会員になっているカーショップなら、車検代がポイントに反映されることが多いので、結果的にお値打ちに車検ができることもあるでしょう。ついでに取り付けたい部品があれば、車検時にいっしょに頼めばいいですし、料金設定についても詳しく尋ねることができます。

行きつけのガソリンスタンドも、中古車の車検を頼みやすいところです。大手のガソリンスタンドは車検の費用も安くて、便利です。デメリットとしては、点検で深刻なトラブルが見つかった場合は修理ができなかったり、部品の取り寄せに時間がかかったりすることがあります。

またカーショップやガソリンスタンドは、基本的に車は持ち込みで代車がでません。車検がおわるまで待っていなくてはいけないので、時間に余裕を持っていきましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

中古車購入後の車検で注意すべき4つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車の平均走行距離|10万キロ超えでも安心して乗れる!?

  • 新車と中古車の維持費|メンテ代・ガソリン代・税金を比較してみた

  • 購入したい中古車に傷やへこみがある場合の対処法とは!?

  • 車内がヤニ臭い!中古車に染み付いたタバコ臭を取る方法とは!?

  • 法定整備と車検の違い|中古車購入時は未整備車に注意!

  • 中古車の車内清掃方法を徹底解説!業者に依頼する前に読んで欲しい!