1. TOP
  2. 法定整備と車検の違い|中古車購入時は未整備車に注意!
Sponsored Links

法定整備と車検の違い|中古車購入時は未整備車に注意!

法定整備と車検の違い

中古車と新車を買うときの大きな違いは、ほしい車についての情報を自分で調べなくてはいけないことです。新車についてはディーラーの出すスペックを確認するだけでいいのですが、中古車の場合は車の購入契約の前に、自分で正確な車の情報を集める必要があります。ほしい車が法定整備を受けているかどうかを購入前に調べておくのも、大事な情報収集です。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

法定整備とは車検以外に行う車の点検整備

法定整備とは、乗用車が一定の期間ごとに受けるべき点検のことです。点検の内容や時期については、国土交通省の自動車点検基準で決まっています。乗用車の場合は12カ月ごと、24カ月ごとにおこないます。といっても車検と違って、法定整備をしなかったからといって罰金を科せられたり罰則があったりするわけではありません。そのため法定整備をしていない中古車もありますので、購入前には注意しておかねばなりません。

法定整備は個人が自分で出来る点検とは異なります。あとで詳しく点検内容をあげますが、分解して整備する項目もありますから、素人ができるものではないのです。国家資格をもった整備士が、地方運輸局超の指定もしくは認証を受けた整備工場でおこなう点検のことです。

欲しい中古車が法定整備を受けているかどうかは、点検整備記録簿を見ればわかります。整備を受けた車には記録簿に時期と点検内容が記載されていますし、受けていなければ記載はありません。

法定整備と車検の違い

ちなみに、24カ月点検は車検の時期と重なります。では、法定整備と車検の違いはあるのか。一番大きい点は、車検を受けないまま車を走らせていると「無車検者」であり、公道を走行していると罰則を受けてしまいます。法定整備は法律上で決まっている点検ですが、受けない状態で車を走らせていても、特に罰則はありません。

車検は、車の安全性に問題がないか、定められた基準に適合しているのかどうかを検査するものです。車検に合格したということは、その時点での車の安全性は保証されています。

一方、法定整備は車のトラブルを予防し問題なく走行できるようにするための整備です。点検して不具合があれば、整備をして、車が安全に走れるようにするための点検なのです。

法定整備の目的は、車の良好な状態を維持して予期せぬ故障を防ぐことです。良好な状態を維持したまま中古車を査定に出せば買取り金額も高額になります。

法定点検の内訳

では、法定点検でなにをするのかここでは12カ月点検の内容をパーツ別に見てみましょう。パワステは、ベルトのゆるみや損傷をチェックします。ブレーキは、踏み込んだ時の遊びや聞き具合を確認。駐車ブレーキの引きしろやパーキングブレーキの利き具合をみます。

ホースやパイプに損傷がないかどうか、取り付け状態に問題がないかをチェック。漏れがないかも見ていきます。ブレーキドラムとライニングのスキマやライニングの摩耗具合もチェック対象です。

動力伝達装置は、クラッチやトランスミッション、トランスファ部分をチェック。クラッチペダルの遊びやミッションの油漏れなどを確認していきます。シャフトの連結部のゆるみも見ます。

このほか、点火プラグの状態やディストリビューターキャップの状態確認なども、法定整備の範囲内です。

ネット上で中古車を探すときに注意すべきこと

こういった法定整備を受けた車かどうか。ネットで中古車を探す場合、細かい情報もきちんと確認しておきましょう。たとえば、中古車のスペック説明の部分に「法定整備付き」と書いてあれば、納車までの間に12か月点検をする予定で、整備に必要なコストは車両価格に含まれていることが多いです。

ただ、整備をするときに法定点検に該当しない内容の整備をした場合、超過分のコストは車の購入者が負担することになります。もちろん整備後は、点検整備記録簿に整備内容が記載されます。

「法定整備・別」と書いてあれば、納車までに法定点検をする予定があるが、整備費用や修理に関する部品代などは車両価格とは別という意味です。この場合も、整備後は記録簿に記載されます。

「法定整備・無」は、納車までに12か月点検などをしない車です。この場合は、最後にいつ法定整備を受けたのか、これまでに整備を受けたことがあるのかを販売店に確認しましょう。

法定整備なんて面倒だと思うかもしれませんが、年に1回の点検整備で愛車の状態が良好にキープできます。信頼できる整備工場にお願いするといいでしょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

法定整備と車検の違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 車内がヤニ臭い!中古車に染み付いたタバコ臭を取る方法とは!?

  • 中古車購入後の車検で注意すべき4つのポイント

  • 新車と中古車の維持費|メンテ代・ガソリン代・税金を比較してみた

  • 中古車の車内清掃方法を徹底解説!業者に依頼する前に読んで欲しい!

  • 購入したい中古車に傷やへこみがある場合の対処法とは!?

  • 中古車の平均走行距離|10万キロ超えでも安心して乗れる!?