1. TOP
  2. ディーゼル規制をクリアしてランクル80に乗り続ける方法は?
Sponsored Links

ディーゼル規制をクリアしてランクル80に乗り続ける方法は?

ディーゼル規制をクリアしてランクル80に乗り続ける方法は?

ランクル80にはディーゼル車が存在します。ここ最近では、ディーゼル車に対する排ガス規制が一層厳しくなり、年式によっては特定の地域に乗り入れできない車両も存在します。そこで、ランクル80のどのモデルがディーゼル規制対象なのか?規制対象の車両を今後も乗り続ける方法などについてお伝えします。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

ディーゼル車規制とは?ランクル80は規制対象になる?

まずランクル80のディーゼル車規制について説明する前に、ディーゼ車規制がどういうものか説明します。ディーゼル車規制とは、有害物質の排出量が規定値を超える車両については、対象地域で走行禁止になるといった内容の条例のことです。ここで言う有害物質とは、窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)のことを指します。そしてディーゼル車規制のことを正確にはNOxPM法と呼びます。

NOxPM法が適用されるのは、東京都、埼玉県、千葉県、愛知県、神奈川県、大阪府、兵庫県、三重県です。つまりこれらの地域ではNOxPM法に引っかかるディーゼル車に乗ることはできません。ただし、市町村によっては乗り入れできる地域もあります。

もしNOxPM法に反し規制対象地域でディーゼル車を運転した場合は、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金などの法的措置がとられることになります。罰則は各都道府県によって異なります。

残念ながらランクル80のディーゼル車は、年式にかかわらず全てが規制対象です。先程ご紹介した地域では乗ることはできません。ただし、規制地域でもランクル80ディーゼル車に乗る方法はいくつかありますので、その方法を紹介したいと思います。ただし方法によっては、デメリットもあるのでしっかりとご覧ください。

ディーゼル車規制対策その1:PM減少装置を取り付ける

1つ目の方法は、PM減少装置を取り付けることです。この装置にはDPFと酸化触媒の2種類があります。DPFとはディーゼルエンジンの排気ガスに含まれている粒子状物質(PM)を除去する装置のことです。これを取り付けることでPMの排出量が減り、一部の規制対象地域でも乗り入れができます。一方、酸化触媒は粒子状物質(PM)を減少させ、排気ガスの臭いを抑える働きがあります。ただし、DPFほどの排ガス減少効果は望めません。

ただ、都道府県によってNOxPMの既定値は異なるので、PM減少装置を取り付けても全ての規制地域に乗り入れできるわけではありません。PM減少装置だけでは十分な粒子状物質(PM)を除去することはできないんです。また年式やグレードによってはPM減少装置を取り付けることができない車両もあります。

PM減少装置を取り付ける方法はあまりオススメできません。全ての地域に取り入れできないですし、NOxPM法が今後より厳しくなるとPM減少装置を取り付けても全く無意味になる可能性があるからです。

ディーゼル車規制対策その2:エンジン載せ替え

現在のディーゼルエンジンをNOxPM法をクリアした新しいディーゼルエンジンに載せ替える、もしくはガソリンエンジンに載せ替えるといった方法です。規制をクリアしたディーゼルエンジンに載せ替えることで、規制地域内にも乗り入れできるようになります。またガソリンエンジンに載せ替えれば、そもそもディーゼル規制を全く気にする必要はなくなります。

しかし、エンジンの載せ替えには最低100万円の費用がかかると言われています。また最新のエンジンはランクル80に搭載されている古いエンジンと構造が大きく異ります。そのため、エンジンだけでなく配線やトランスミッション、プロペラシャフトなどの部品も同時に交換しなければならないのです。交換部品が増えれば増えるほど、費用も膨れ上がっていきます。

はっきり言ってこの方法は現実的ではありません。コストが掛かりすぎるので、よほどその車に愛着がない限りオススメできません。100万円もあれば他の中古車を購入することだってできますからね。

ディーゼル車規制対策その3:NOxPM適合済の車両を購入する

中古車市場にはNOxPM適合済のランクル80ディーゼル車が販売されています。つまり、ディーゼル規制をクリアしたエンジンに載せ替え済のディーゼル車が販売されているのです。もしくは、注文後にエンジンを載せ替えて引き渡してくれるという販売店もあります。

エンジン載せ替えには100万円以上の費用がかかってしまうものの、未適合の車両を購入して、その後に自分で業者を探してエンジンを載せ替えてもらう・・・ということに比べれば圧倒的に手間が省けます。

しかもエンジン載せ替えの費用は見積もり時に決まっているので、後々追加で料金が発生する心配もありません。ランクル80のディーゼル規制対策としてはこれが一番オススメの方法となります。これからランクル80のディーゼル車を購入しようと思っている人は、NOxPM適合済の車両を探してみてはいかがでしょうか?

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

ディーゼル規制をクリアしてランクル80に乗り続ける方法は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • ロードスターNBとスイフトスポーツを比較!どっちがオススメなの?

  • ロードスターNBとMR-Sを比べてみた!失敗しない車の選び方

  • ランクル80の寿命|走行距離何キロまで走るか調査してみた

  • ランクル80の年間維持費がヤバい!知らないと手放すにハメに!

  • ロードスターNBのオススメの車高調は?

  • マツダ以外のディーラーでロードスターの車検を受けることはできる?