1. TOP
  2. カーシェアリングVSレンタカー|お得に利用できるのはどっち?
Sponsored Links

カーシェアリングVSレンタカー|お得に利用できるのはどっち?

カーシェアリングVSレンタカー

レンタカーは車を所有していない人でも利用できる便利なサービスとして20年以上前から日本で定着しています。しかし、ここ5、6年でカーシェアリングと呼ばれるものが急速に普及し、いずれはレンタカーを脅かす存在になると噂されています。ですが、カーシェアリングについての認知度はまだまだ低く、利用を躊躇っている人が多いのも事実です。特に料金面について不安を持っている人が多い印象ですね。そこでここでは、カーシェアリングとレンタカーどちらがお得に利用できるのかをお伝えしたいと思います。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

カーシェアリングとレンタカーの料金体系

まずはカーシェアリングとレンタカーの料金体系をご紹介します。ここでは、タイムズカープラス・タイムズレンタカーでトヨタプリウスを借りると仮定して、説明していきますね。

まずはカーシェアリングの料金体系ですが、初期費用として1,550円、月額基本料金として1,030円かかります。ただし、月額基本料金は利用料金に全額充当されるので、実質無料ということになります。利用料金は15分206円が基本ですが、長時間パックも用意されています。パック料金は、6時間パック4,020円、12時間パック6,690円、24時間パック8,230円となります。なお、ガソリン代や免責補償料は一切かかりません。

次にレンタカーの料金体系です。レンタカーにはカーシェアリングのような初期費用・月額基本料金は不要です。利用料金+免責補償料のみで利用できます。利用料金は6時間まで7,257円、12時間まで8,812円、24時間まで10,368円、1日延長ごとに8,812円となっています。ただし、お盆や年末年始は20%程度の割増となります。

続いて免責補償料は1日あたり1,404円です。免責補償は必ず加入する必要はありませんが、万が一の事故に備えて加入しておいたほうが無難でしょう。レンタカーの料金は以上なのですが、ガソリン代は自己負担となり、返却時に満タンにしなければなりません。走行距離に応じてガソリン代がかかることを頭に入れておきましょう。

ではここから、カーシェアリングとレンタカーどちらがお得かを比較してみます。ただし、利用条件によって価格は異なってくるので、こちらで一定の条件を設けた上で比べてみます。

6時間利用で10km走った場合

まずは利用6時間で10km走った場合の比較です。カーシェアリングは6時間パック4,020円+初期費用1,550円=5,570円となります。月額基本料金は利用料金に全額充当されるの含めていません。また、ガソリン代と免責補償料は無料です。

これに対してレンタカーですが、6時間まで7,257円+免責補償料1,404円=8,661円。これにガソリン代を加えます。プリウスの実燃費は25km/Lなので、ガソリン代は10km走行で48円(1L120円で計算)となります。レンタカーにかかる費用は8,661円+ガソリン代48円=8,709円となりました。6時間の利用だとカーシェアリングの方が3,139円安いです。

72時間利用で120km走った場合

次に利用時間と走行距離を増やしてみましょう。利用72時間で120km走った場合の料金比較です。

まずはカーシェアリングの料金ですが、注意点として72時間利用の場合、パック料金は適用されません。適用されるのは24時間パック+延長6時間分までです。つまり30時間を超える利用に関しては、最初から15分206円で計算されることになります。24時間パック×3・・・という計算はされませんので、注意してください。72時間利用なので、15分206円×4×72時間=59,328円。これに初期費用1,550円を加算すると60,878円となります。

一方レンタカーの料金ですが、24時間まで10,368円×3日=31,104円。これに免責補償料1,404円×3日分=4,212円。ガソリン代は120km走行で576円となりました。これらを全て合計すると利用料金31,104円+免責補償料4,212円+ガソリン代576円=35,892円となります。6時間利用で10km走行の場合と逆で、レンタカーの方が24,986円も安くなりました。

まとめ

ご覧の通り、短時間利用ではカーシェアリング、長時間利用ではレンタカーの方がお得だということがお分かり頂けたと思います。1日2、3時間程度を毎日利用するならカーシェアリングの方がお得です。そもそもレンタカーには6時間以下の料金設定が無いので、短時間の利用になると必然的に高くなってしまいます。逆に、田舎に帰省したり数日間の旅行など長期間利用するなら、レンタカーの方が圧倒的にお得になります。

結局、カーシェアリング・レンタカー共にメリット・デメリットがあるので、一概にどちらが良いかは断言できません。自分の利用目的に合わせて活用するのがベストです。ただし、今後カーシェアリングが普及すると、お得な長期間利用料金が設定されるかもしれません。カーシェアリングに少しでも興味のある方は、まずは短時間でも試しに利用されてはいかがですか?

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

カーシェアリングVSレンタカー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • レンタカーでお得な車種はどれ?通常の半額で乗れるって本当?