1. TOP
  2. ロードスターNBとトヨタ86を比較|車選びに迷ったら読むべし!
Sponsored Links

ロードスターNBとトヨタ86を比較|車選びに迷ったら読むべし!

ロードスターNBとトヨタ86を比較

マツダ ロードスターNBとトヨタ86は共に日本を代表するスポーツカーですが、購入する時によく比較対象となる車として有名です。そこでこのページでは、ロードスターNBと86を比較してみました。どちらにしようか迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

居住性はトヨタ86が優位

トヨタ86のボディサイズは全長4,240mm×全幅1,775mm×全高1,320mm、車両重量は1,190~1,298kgです。一方のロードスターNBは、全長3,955mm×全幅1,680mm×全高1,235mm、車両重量1,010~1,100kgとなっています。トヨタ86の方が大型であることがお分かりいただけると思います。

そして、両車のボディサイズ・車両重量の差が、居住性にもモロに表れています。86は乗っていて窮屈さを全く感じません。荷物を室内に置いても余裕があります。さすがに4人乗ると若干の窮屈さは感じてしまいますが、助手席に1人乗せるくらいなら、ゆとりのあるドライブを楽しむことができます。

一方のロードスターNBは2人乗りでも少し窮屈さを感じてしまうほどの狭さです。大きな荷物を室内に置くこともできません。完全に走りに特化した車なので、トヨタ86に比べると実用面で劣ってしまいます。

走行性能は互角

ロードスターNBの走りを簡単に表すと「軽快な走りを馬に乗っているかのような感覚で味わえる」です。とくにかく車体が軽いので、スイスイと加速してくれます。出力が125ps~170psと非力ですが、車体の軽さを生かしてキビキビとした走りを体感できるでしょう。それでいて安定性もなかなかのもの。低速・高速運転共に横に振られることは無く、安定した走りを魅せてくれます。

一方のトヨタ86は、ロードスターNBよりも高出力な200PSです。しかも車重が100kg以上重い。そのため、ロードスターNBよりも高い安定性を誇っています。ロードスターNBも安定性は高い方なのですが、路面状況やドライバーの技量によっては、揺れを感じてしまうことがあります。しかし、トヨタ86はそうした環境に左右されず、常に安定した走りを魅せてくれます。なので、長距離・高速運転でも全く疲れることがありません。余裕のあるドライブを堪能することができますね。

走行性能に関しては甲乙付け難いです。同じスポーツカーではあるもののタイプが異なる車なので、目的によって好みが分かれます。サーキットのような軽快な走りを楽しみたいならロードスターNBの方が上でしょうが、直進安定性や静粛性を重視するなら86がオススメです。

中古車価格はロードスターNBの方が安い

ロードスターNBは販売終了から10年以上が経過していますので、お手頃価格で手に入れることができます。中古車の相場はおよそ55万円となっています。安い車両だと20万円以下で購入することができます。100万円あればアルミホイールなどが付いたカスタム車も余裕で購入することができるでしょう。

一方トヨタ86は2012年に発売されたばかりなので、ロードスターNBと比べると割高になってしまいます。最も安い車両でも130万円以上するので、まだまだ気軽に購入できる車ではありません。ただし、2016年7月にマイナーチェンジが行われたので、旧式のモデルは今後どんどん価格が下がってくる見込みです。

まとめ

ロードスターNBとトヨタ86は正直比較しにくい車です。なぜなら、タイプが異なるスポーツカーだからです。ロードスターNBはオープンタイプのライトスポーツカーで、峠や山道のスポーツ走行に最適です。しかし、街乗りや遠出には不向きです。

これに対してトヨタ86は、実用性を兼ね備えたスポーツカーで、街乗りや長距離走行も難なくこなします。しかし、オフロードでの走りに関しては「ロードスターNBほどのスリルは味わえない」といった意見が多いですね。

自分がどのように車を使いたいかをよく考えてから購入するようにしましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

ロードスターNBとトヨタ86を比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • ロードスターNBのオススメの車高調は?

  • ロードスターNB1とNB2の違いは?買うならこのモデル!

  • ランクル80の寿命|走行距離何キロまで走るか調査してみた

  • ランクル80前期型・中期型・後期型の違いを徹底解説!

  • ランクル80系と100系を徹底比較!どっちを買えば損しない?

  • ディーゼル規制をクリアしてランクル80に乗り続ける方法は?