1. TOP
  2. ロードスターNBの自動車保険料を極限まで安くする方法はコレ!
Sponsored Links

ロードスターNBの自動車保険料を極限まで安くする方法はコレ!

ロードスターNBの自動車保険料を極限まで安くする方法はコレ!

ロードスターNBにはどれくれいの自動車保険料がかかるのか?また、自動車保険料を極限まで安くする方法についてまとめました。ロードスターNBの自動車保険料について気になっている人や、なるべく安い保険に入りたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

Sponsored Links

自賠責保険料は長期契約するとお得になる!

自賠責保険とは、車を運転する人が必ず加入しなければならない保険のことです。法律によって加入が義務付けられているので、加入しないという選択肢はありません。もし自賠責保険に加入せずに車を運転した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、免許停止処分が課されることになります。この自賠責保険は、交通事故の被害者を救済することを目的としており、相手方が「怪我をした」「後遺症が残った」「死亡した」場合に保険金が支払われます。

自賠責保険の加入金(保険料)は契約期間によって異なります。12ヶ月契約で15,520円、13ヶ月で16,380円、24ヶ月で25,830円、36ヶ月で35,950円となっています。ご覧の通り、加入期間が長いほど1ヶ月当たりの金額は安くなります。12ヶ月契約だと1ヶ月当たり1,293円ですが、36ヶ月契約なら1ヶ月当たり998円ですからね。なので「保険料を安く済ませたい」人は、長期契約したほうが結果的にお得になります。

なお、この金額はロードスターNBに限らず、普通自動車なら全て同額です。また、2017年5月現在の金額となっており、今後値上げされる可能性があります。自賠責保険料はどの保険会社と契約しても同じ金額となります。

任意保険には絶対加入すべき!

自賠責保険料は事故の相手方の「身体に関する損害」に対してのみ補償されます。つまり自身の身体や物については保証対象外となっているんです。また、相手が怪我をした時に支払われる金額は120万円、死亡した場合は3,000万円が上限となっています。この金額はかなり低いです。

そこで自賠責保険料ではまかないきれない補償が可能なのが、任意保険です。任意保険は相手の損害だけでなく自分の身体の損害や物への損害にも適用されるんです。つまり自賠責保険の補償限度を超えた場合に保険金が支払われるということです。たとえば、歩行者を死亡させた場合、自賠責保険の上限3,000万円を超える金額が任意保険で支払われるのです。

この任意保険には絶対に加入すべきです。実際に聞いたい話ですが、信号無視をした子供を死亡させたとして、運転者に対して両親から1億円の損害賠償請求されたという事例があります。もし任意保険に加入していなければ自賠責保険の上限3,000万円しか補償されません。つまり残りの7,000万円は自分で賠償しなければいけないんです。7,000万円なんて一般のサラリーマンが簡単に支払える金額ではありませんよね?任意保険に未加入の状態で事故を起こせば、被害者だけでなくあなたの自身の人生も潰れてしまうので、必ず加入されることをオススメします。

ロードスターNBにかかる任意保険料はいくら?

ではロードスターNBを所有した場合、支払うべき任意保険料はいくらなのか?実は任意保険料というのは、年齢・居住地・免許証の色などによって変わってくるので、自賠責保険料のように「◯万円」と一概に言うことはできません。

ですが、ある条件を設けてロードスターNBの任意保険料を計算してみました。条件を「30歳以上、年間走行距離11,000キロ、車両保険付き、7等級、ブルー免許」とした場合、保険料は年間123,000円となりました。月々10,400円です。これが20歳~25歳なら213,300円(月額17,900円)、26歳~29歳なら128,600円(月額10,900円)となります。

ただしこれはあくまで概算であって、正確な金額ではありません。年齢や等級など様々な条件によって大きく変わってきます。実際はこの金額よりも安くなる可能性があります。

自動車保険料を極限まで安くする方法

実は任意保険料を極限まで安くする方法があります。方法はいろいろとあるのですが、一番オススメの方法が複数の保険会社から見積もりを取ることです。任意保険は同じ条件であっても、保険会社によって価格に差が出るのです。どれくらい差が出るのかというと、安くて18,000円、最大で12万円も年間で安くなったという話を聞きます。この差は大きいですよね?

また、毎年更新するごとに保険会社を変えるとさらに安くなる可能性があります。任意保険料は条件によって金額が変わるので、更新ごとに見積もりを取って比較検討すると無駄な出費を抑えることができます。任意保険は1年契約なので、保険会社を毎年変えても何ら問題ありません。

インターネット上には「インズウェブ」「保険スクエアbang!」「保険市場」などの自動車保険一括見積もりサイトがあります。これらのサイトで車種や受けたい補償内容などを入力するだけで、一番安い保険会社が見つかります。最大20社まで見積もりを取ることができるので、自動車保険料を安くしたい人はぜひご利用ください。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

ロードスターNBの自動車保険料を極限まで安くする方法はコレ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • ランクル80の自動車重量税と自動車税について知りたい!

  • ロードスターNBとNCどちらを購入したらいいの?

  • ランクル80を中古車で購入する前にチェックする6つのポイント

  • ランクル80の寿命|走行距離何キロまで走るか調査してみた

  • ロードスターNBの中古車を購入する時にチェックすべき箇所

  • ロードスターNBの中古車を最安値で購入するたった1つの方法