1. TOP
  2. 中古車の納車にかかる費用は?無駄な出費を減らす秘訣
Sponsored Links

中古車の納車にかかる費用は?無駄な出費を減らす秘訣

 2017/05/13 中古車の買い方・選び方   591 Views
中古車の納車にかかる費用は?

車をはじめて買おうと思うと、よく知らない言葉がたくさん出てきます。たとえば陸送費や輸送費です。これは遠方から中古車を買うときにも、よく使われる言葉です。それから納車費用。購入した車を納車してもらうのに、費用が掛かるとはどういう意味でしょうか。

Sponsored Links

陸送費=車をお客さんの指定する場所まで運ぶ費用

陸送費というのは、納車のために車を購入者の自宅や指定された場所まで運ぶことの対してかかる費用です。専用車両を用意して輸送することもありますし、中古車販売店のスタッフが指定場所まで運転することもあります。この費用は新車でも中古車でもかかることがありますから、2台目以降の車購入なら見たことがある言葉でしょう。

陸送費は納車費用に含まれている場合もあれば、別途費用として請求されることもあります。明細をみると、たとえ近い場所でも陸送費がかかっているものです。たとえば東京24区内であっても、練馬区から品川区へ運ぶのに陸送費がかかります。陸送費はおおむね距離に換算して計上されるので、距離が近くても発生する場合があるんです。

納車費用=納車にかかわる経費一切

では、陸送費と納車費用の違いは何か?陸送費は、基本的に購入された車を指定地まで運ぶための費用です。文字どおり、車を陸送するための費用だけを指します。

一方、納車費用というのは納車にかかわる費用いっさいを含んでいます。具体的には、登録費用や戦車代、ガソリン代などのことです。通常、陸送費・輸送費は納車にかかわる費用であっても別項目で計上しますが、販売店によっては陸送費を納車費用に含めている場合もあります。納車費用が他よりも高いなと思うときは、販売店に陸送費が含まれているのかどうかを確認しましょう。

もし陸送費を含まない状態で納車費用があまりに高額な場合は、納車費用の内訳を教えてもらいましょう。納得できない費用が計上されている場合は、販売店に話をして削除してもらうべきですね。

陸送費の目安金額

それでは、陸送費・輸送費の相場はどれくらいでしょうか。これは基本的に車の販売店が決めるものなので、多少の違いはありますが目安としては以下のようになります。

同一都道府県内、または隣接県への移動で、移動時間が2~3時間の場合なら、だいたい1~2万円が相場です。納車までの日数は1~2日ほどで、それほど時間もかかりません。遠方の県へ車を送りたい場合(移動時間が5~10時間かかる範囲)は、3~10万円くらいは見ておきましょう。日数も4~5日かかります。これは2~3県をまたがって車を輸送する場合の費用で、かなり高額になります。

遠距離の陸送では直送便で送ることはほとんどありません。途中の県に中継点があり、輸送する会社が変わることもあります。複数の輸送会社を経由して送ることになるので、時間もかかりますね。

なお陸送費に関しては、新車でも中古車でも金額はあまり変わりません。また車のサイズが軽自動車であっても大型のSUVであっても、ほとんど同じです。

ネットで購入する場合は経費込みの見積もりを請求

最近は、ネットで中古車を購入する人が増えています。ネットで探すと販売店は近隣の県にない場合もありますね。どうしても欲しい車がかなり遠方で販売されているときは、購入すべきなのかどうか。かなり悩むところでしょうが、とりあえずは在庫を確認してから、総額の見積もりをもらいましょう。諸費用や陸送費、納車費用なども全部含んだ金額です。

そのうえで、その販売店で買うべきなのかどうかを真剣に検討しましょう。というのも、先に言ったように陸送費・輸送費は販売店ごとに異なるので、車両価格を低く出して、陸送費に利益を上乗せしている販売店も存在するからです。

たとえば、東京に住んでいて関東エリアから中古車を購入して運んでもらう場合、3万円前後を目安にすればいいでしょう。関西エリアから運んでもらうなら、5万円はかかるはずです。北海道や九州になると、最低でも7万円はみておきましょう。さらに(こんなことはないでしょうが)、沖縄の販売店で中古車を購入し東京まで運んでもらったら、これはもう10万円クラスです。

それだけのお金を払ってでも購入したい車があるのなら真剣に検討すべきですが、それほどでもなければ遠方の陸送費の分を車両に回して、多少は高くても自宅から近い販売店で購入するのがいいかもしれませんね。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

中古車の納車にかかる費用は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 欲しい中古車が近所の販売店に無い!遠方のお店で購入する方法

  • 中古車を安く買うために見逃せない5つのコツとは!?

  • 中古車は購入前に試乗できる?必ずチェックすべき3つのポイント

  • お手頃価格の車種はコレ!中古車ならかつての人気車が破格に!

  • 中古車が安くなるのはいつ?超お得な買い時を教えます!

  • 良質な中古車の購入方法|年式と走行距離どっちを重視すべき?