1. TOP
  2. 予備検査の基礎知識|車検切れ中古車のコストを最大限節約する方法
Sponsored Links

予備検査の基礎知識|車検切れ中古車のコストを最大限節約する方法

予備検査の基礎知識

中古車販売店のサイトを見ていると、ときどき「予備検査付き」という言葉を見ることがあります。あるいは「予備検車検渡し」とも書いてあります。これっていったい何のことでしょう。予備検査とふつうの車検とは何が違うのでしょうか?そして予備検査がついている中古車って、お得なんでしょうか。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

車検切れで車検とほぼ同じ検査を受けること

予備検査(予備車検)とは、車検が切れてナンバープレートはない状態で、車検を受けることです。点検する内容は一般の車検と同じですが、ナンバープレートが付いていない車ですから、検査に合格しても車検証は公布されません。かわりに「自動車予備検査証」が公布されます。

車検のない中古車を購入してその車が予備検査を終了している場合は、新規登録・名義変更・自動車重量税や自動車税の支払い・自賠責保険への加入手続きなどがすぐに始められます。すぐというのは、自動車予備検査証の有効期限は3カ月だからです。有効期限内にすべての手続きを終えなくては、結局、通常の車検を受けなくてはなりません。
この点は、中古車の購入前にきちんと販売店と確認しておきましょう。

予備検査がついているからお得だ、と思って購入した車の予備検査証が、期限まで1週間もないなんてこともあり得るのです。これでは、予備検査付きの中古車を購入した意味がありません。

予備検査付き中古車でも法定点検は受ける必要あり

逆に言えば、予備検査を受けて合格している中古車は、車検を受けずにすぐさま車両登録手続きなどができるのです。車検切れの中古車は他の車と比べてお値打ちに手にいれることができ、その車に予備検査がついていれば、購入後に車検費用をそっくり負担する必要はなくなります。それだけ、購入後のコストが減るということです。

ただし、予備検査付きの中古車は法定点検を受けなくてはなりません。ここがややこしいところですが、予備検査に合格しても法定点検が済んでいることにならないんです。一般の車検は、何も言わなくても法定点検が含まれていますが、予備車検には含まれていません。

ですから予備検査付きの中古車を買った場合は、新しいオーナーが車両代金+法定点検費用の両方を支払うことになります。そして法定点検で整備が必要なところが見つかれば、追加の整備費用は車を購入したほうが負担します。

それでも車検切れの車のコストよりは安くなる可能性大

こう聞くと、それなら車検切れの車と変わらないじゃないか!と怒る人もいるかもしれません。いえ、そうでもないんです。ふつうの車検切れの車を買おうと思う前に、車検費用の内訳について考えてみましょう。

車検費用は、大きくふたつに分けられます。ひとつは法定費用で、これは重量税や自賠責保険、印紙代などです。法定費用は法律で決まっている費用ですから、どこで車検を受けても金額はかわりません。また、車検切れの中古車でも予備車検付きの中古車でも、支払う必要があるものです。

ふたつめが、いわゆる車検費用です。車検業者に払う分で、これをさらに細かく見ると車検の基本料金(車種によって変動する)・点検費用・整備費用・整備にかかった部品代です。このなかで、意外と大きな金額になるのが、整備費用と整備に必要な部品代です。整備費用とはつまり工賃のことですから、これがバカにできない金額なのです。

整備費用や部品代が節約

予備検査付きの中古車だと、最後の整備費用+部品代が不要になります。基本的には、予備検査で整備が終わっているからですね。もちろん車の状態によっては再度、整備が必要になることもありますが、たいていは必要になりません。

ですから、予備検査付きの中古車を車検に通すときはユーザー車検のようなものを受けると思えば、かなり近いでしょう。整備工賃や部品代が要らなくなる分だけ、コストを削ることができます。

こういう理由から、予備車検付きの中古車は車検切れの車より多少は高く販売されています。自動車予備検査証の有効期限をしっかり確認して、上手に買いましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

予備検査の基礎知識

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車が納車されるまでの流れ|急ぐとトラブルのもとに!?

  • 新車と迷っているなら読んで!中古車購入のメリットとデメリット

  • 欲しい中古車が近所の販売店に無い!遠方のお店で購入する方法

  • 中古車の保証って入る必要ある?知らないと絶対後悔しますよ!

  • 中古車を安く買うために見逃せない5つのコツとは!?

  • 中古車は購入前に試乗できる?必ずチェックすべき3つのポイント