1. TOP
  2. お手頃価格の車種はコレ!中古車ならかつての人気車が破格に!
Sponsored Links

お手頃価格の車種はコレ!中古車ならかつての人気車が破格に!

お手頃価格の車種はコレ!

車は中古車でいい!と割り切っている人は、なるべく安い価格で手に入れたいと思っているでしょう。中古車は新車と違ってタイミングによって、安くて狙い目の車種が変わってきます。ときには以前にとても人気が高かった車種が、意外な安値で取引されていることもあるのです。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

かつてのファミリーカーの代名詞セダンは値下げ幅が大きい

昔のファミリーカーと言えばセダンでしたが、今ではワンボックスカーにすっかり負けてしまいました。とはいえ、「車はやっぱりセダンじゃないと!」という根強いファンもいるため、新車でも販売高は一定数の数字を挙げています。セダンタイプの車が道を走らなくなる日は、来ないのです。

ところが、セダンを買う客層は新車を好む傾向があり、中古車市場ではあまり人気がありません。というより、正直なところセダンを中古車で買おうというお客さんはとても少ないのです。そのため供給台数は多いのに需要は少ないことになり、中古車市場では、かなりの値引きで販売されています。

たとえばトヨタのアリオン。カローラの上級車で、内装がとても高級感のある車です。サイドの外観はスポーティで、セダンですがオジサンっぽくないイメージの車ですね。新車での価格は180~280万くらいですが、これが中古車になると110万くらいで手に入ります。古いモデルなら70万円くらいで手に入ることもあります。非常にお値打ちで、狙い目な車です。

あまり年式が古い車だと故障のリスクもありますが、安く購入して3~4年で乗り換えるつもりでいてもいいでしょう。

街乗りに便利なコンパクトカーは軽よりも値下げが大きい

女性やビギナーに人気のあるコンパクトカーですが、中古車市場では軽に負けてしまいます。やはり維持費や税金などの部分で、軽自動車を選ぶ人が多いからでしょう。とはいえ、乗っている実感としては足回りやパワー、車幅などの点で非常に扱いやすい車です。

おすすめは、コンパクトカーのなかでも知名度が低い車種ですね。たとえばスズキのスプラッシュ。スズキが欧州仕様としてつくった本格派コンパクトカーで、外観はやや丸みを帯びた形をしています。間違いなく女性ウケする車です。欧州仕様ということでかなり足回りに力を入れて開発した車で、1.2リッターのエンジンはややパワー不足な感じがするものの、街中で走り回るにはぴったりです。

スプラッシュは新車の価格で120万~130万程度。これが中古車市場では40万円程度です。なぜこんなに安いかといえば、知名度がないからですね。スプラッシュはスイフトの系列の車ですが、スイフトほど知名度がなく、そのために値引き率が非常に高いお値打ち車種なのです。

プレミアムSUVも車種を選べばお値打ちに買える!

SUVは人気が固く、新車でも中古車市場でも値段がくずれないジャンルです。しかし、車種によってはかなりお値打ち価格になっているものもあり、コツコツと探す価値がありますね。

プレミアムSUVでおすすめなのが、日産のムラーノ。新車価格では300~500万程度しますが、中古車の超お値打ち価格になると、安いものでは80万円程度で手に入ります。もちろんグレードや年式にもよりますが、200万くらいあればあれこれ選ぶこともできます。

言うまでもなく、プレミアムSUVですから外観、内装ともに高級感があります。静粛性も高く乗り心地も満点。アウトドア用に使いたい人には、ラゲッジスペースが広いのでとても便利です。これが新車価格の半分くらいで手に入ると思えば、SUVがほしい人にはうれしいですね。

なぜこんなに安くなるのかと言えば、おそらくサイズの問題でしょう。車幅1.88メートル、全長4.77メートルというボディは、アウトドアでは圧倒的な利便性がありますが、街中を走り回るにはちょっと大きい。さらに自宅の駐車スペースに入りきらないために、泣く泣くあきらめる人もいますね。

ド迫力+優雅な内装+機動力ありありなので、とてもおすすめの車ですが、大きさが問題にならない人向けの車のため、意外とお値打ちに買える中古車です。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

お手頃価格の車種はコレ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車定期点検記録簿とは?安心して購入するなら欠かせないアイテム

  • 良質な中古車の購入方法|年式と走行距離どっちを重視すべき?

  • 中古車の保証って入る必要ある?知らないと絶対後悔しますよ!

  • 中古車を安く買うために見逃せない5つのコツとは!?

  • 新車と迷っているなら読んで!中古車購入のメリットとデメリット

  • 予備検査の基礎知識|車検切れ中古車のコストを最大限節約する方法