1. TOP
  2. 中古車定期点検記録簿とは?安心して購入するなら欠かせないアイテム
Sponsored Links

中古車定期点検記録簿とは?安心して購入するなら欠かせないアイテム

中古車定期点検記録簿とは?

中古車を買うときに、どうも不安な気持ちがする…そんなひとは、車の来歴がよくわからないのが不安の理由のようです。中古車には1人のオーナーが乗った後に販売される車もあれば、複数のオーナーが乗り継いだ後に売られているものもあります。現在の車の状態を正確に知るために、中古車定期点検記録簿は非常に重要なアイテムです。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

中古車の購入時に必ずチェックしたい中古車定期点検記録簿

中古車の定期点検記録簿とは、その車がこれまで受けてきた整備状況を記載したものです。正式には、定期点検整備記録簿と言います。

車には24カ月点検や12カ月点検といった法律で決まっている法定点検(車検のことです)があり、点検を受けるたびごとに定期点検記録簿に修理箇所などの記載をしていきます。つまり、中古車定期点検簿とは車の履歴書のようなものなのです。

法定点検以外にも、ディーラーがすすめる点検や整備もあります。こういった整備もおこなうごとに定期点検記録簿に記入されていきます。ですから点検簿をみるだけで、その中古車がどんな整備をされてきたのか、車検をきちんと受けてきたのかを知ることができます。中古車の購入を決める際には、重要な判断基準になるべきものですね。

車が受けてきた点検や整備メンテナンスの記録

定期点検記録簿がなぜ大事なのかは、定期点検記録簿を通じて、前のオーナーがどれだけ丁寧に車に乗っていたのかが分かるからです。車検はもちろん、それ以外のディーラーがすすめる点検もこまめにされてきた中古車は、多少古い車であっても状態は非常にいいと言えます。

車に関する道路運送車両法という法律では、乗用車は1年ごとに定期点検を受けることになっています。しかし点検を受けなくても車が順調に走っていれば、罰則を受けることはありません。ですから車に余計な整備費用を賭けたくないオーナーは、とくに1年点検をしないのです。

逆に、余分なメンテナンスコストを支払ってでも愛車をいい状態にしておきたいと思うオーナーは、車を丁寧に乗っている人ですね。そんな車をワンオーナーの後に手に入れれば、納車後のトラブルも少ないに決まっているのです。

年式が新しくても前オーナーが車検以外の点検をしておらず、大きな修理を繰り返していれば、事故車であった可能性も出てきます。

こうやって定期点検記録簿を見るだけで、車を購入した後に修理が必要になるかどうかの予測を立てることもできます。修理や整備の内容だけでなく、オイル交換のタイミングなどもチェックしておきたいですね。

記録簿が一部しか残っていないあるいは無くなっている車も

たいていの中古車は、定期点検記録簿をそなえ付けた状態で販売されています。しかし、なかには定期点検記録簿が一部しか残っていない車や、まったくない車もあります。

記録簿がないというのは、前のオーナーが紛失してしまった可能性が高いですね。車の履歴書ともいうべき定期点検記録簿を紛失してしまうような人がオーナーだった車は、整備がきちんとされていないこともあり、あまりおすすめできない中古車です。

また最悪の場合、何か理由があって定期点検記録簿を故意に破棄してしまっていることもあります。これは、その車の来歴の中に知られたくない部分があるということでしょう。大きな事故をした車であったり、何らかの不正なことがされている車であったりする可能性もゼロではありません。

ひょっとして車の来歴について隠している事実があるかも

不正が疑われる中古車とは、修理歴以外にメーターを戻したことを隠したいというケースなどです。定期点検記録簿には車の走行距離が記載されていますから、メーターを戻して走行距離を実際の数字よりも小さく見せることをしている中古車には、正式な定期点検記録簿をつけるわけにいきません。

これは故意に車についての情報を隠していることになります。車が売れないことを心配して情報を隠しているというのは、あまり褒められたことではありません。

もちろん、定期点検記録簿がない理由はたくさんあります。定期点検記録簿がないからといって、その中古車が故障しやすいという決定打にはなりません。ずっとそれまで車検も1年点検も受け続けてきたのに、たまたま何かの事情で定期点検記録簿が紛失しているだけかもしれないからです。

すべてのケースで故意に破棄されているわけではありませんから、販売店のスタッフに事情を聴いてみましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

中古車定期点検記録簿とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 良質な中古車の購入方法|年式と走行距離どっちを重視すべき?

  • 中古車の保証って入る必要ある?知らないと絶対後悔しますよ!

  • お手頃価格の車種はコレ!中古車ならかつての人気車が破格に!

  • 中古車が安くなるのはいつ?超お得な買い時を教えます!

  • 予備検査の基礎知識|車検切れ中古車のコストを最大限節約する方法

  • 新車と迷っているなら読んで!中古車購入のメリットとデメリット