1. TOP
  2. 中古車が納車されるまでの流れ|急ぐとトラブルのもとに!?
Sponsored Links

中古車が納車されるまでの流れ|急ぐとトラブルのもとに!?

中古車が納車されるまでの流れ

中古車に限らず、車の購入には時間がかかります。たとえ目の前にほしい車があっても、その日に乗って帰ることはむずかしいですね。車の購入に関してはいろいろな書類上の手続きが必要になるからです。それでは、中古車の納車にはどれくらい時間がかかるものでしょうか。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

納車までの目安は1週間~10日ほど

中古車販売店と正式な購入契約を結んだあと、各種手続きが終了して納車が完了するまでに、だいたい1週間~10日くらいはかかります。車や販売店の状況にもよりますが、10日ほど見ておくと間違いないでしょう。

この10日間でどんな手続きがおこなわれるのでしょうか。まず、車の名義を新しいオーナーに変更するための書類が必要です。これらの書類は中古車販売店に用意されていますから、署名や捺印をすればOKです。その後の提出などの実務は販売店側でやってくれます。

書類作成の後から、車の動作確認作業が始まります。エンジンや点火、駆動、冷却、ブレーキなどはもちろん、エアコンやナビ、パワーウィンドウなどの電気系統、ライト、バッテリー、消耗品などの点検が再度おこなわれます。点検後にすべて問題がないなら、新オーナーに連絡を取り、具体的な納車日が決まります。

点検と並行して任意保険の契約手続きなども進めますから、これでだいたい10日間ほどかかるというわけです。

車検切れ直前の中古車は納車までに時間がかかる

ただし、どの中古車も10日ていどで納車されるとは限りません。たとえば、購入時に車検が切れている車だと、購入が決まってから車検を通すことになります。通常は納車まで10日間であっても、そこへ車検の点検・整備の期間が余計にかかりますから、早くても2週間くらいはかかるでしょう。

車検中に修理が必要な個所が見つかれば、そこから修理をしなくてはなりません。こうした事情を考えると、車検切れの中古車は納車までに早くても2週間、長ければ3週間くらいは待たなくては車が届かないことになります。納車までそれほど待ちたくないという人は、ほしい車の車検がどれだけ残っているかを確認してから購入を決定しましょう。

車検までの期間が残っていても、オプションや新しく内装部品を取りつけてもらうことになっていれば、同じように時間がかかります。特殊な部品を取り寄せる場合などは、余分な時間がかかることを理解してから決定すべきです。

オートローンを組む場合は審査が通るまでの期間も必要

中古車の購入時に、ローンを組む場合も、納車までに時間がかかります。これは、最初にローン審査の結果を待っている時間が必要だからです。

中古車用のローンは、購入店から紹介されるオートローンを利用する人が多いですね。ローンのためにいろいろな書類を書き、提出物をそろえて審査結果を待つ。この時間が余計にかかるんです。

金融機関のローン審査に通らなければ、中古車販売店側も車の整備点検などを始めることができません。人によっては審査に時間がかかり、最終的にローンが借りられないこともあります。1か所のローン審査が通らなければ、他の金融機関に再度ローン申請をせねばならず、どんどん時間がたっていきます。

銀行系のローン審査には2~3週間かかるというケースもありますから、中古車を購入する際には、ある程度の自己資金を用意しておいたほうがいいでしょう。

1週間以内の納車も車によっては可能

新車と違って、中古車はほしい車が目の前にある状態です。今すぐ乗って帰りたいなあと思いますが、書類上の手続きなどがあり、即日納車はむずかしいのが現状です。

どうしてもすぐに車がほしければ、中古車販売店に話して、一番早い納期の車を紹介してもらいましょう。レアケースですが、車検まで期間があって修理箇所がない車で、車庫証明がすぐにとれるなら、納車までに1週間かからない、ということもあり得ます。

また軽自動車は車庫証明をとるのに、普通車ほど時間がかかりませんし、地域によっては車庫証明が不要です。こういったケースも1週間以内に納車できるかもしれません。

ただし、納車を急ぐあまり、事前の点検や整備に手落ちがあってはいけません。購入後のトラブルを防ぐためにも、納車まではゆとりを持ち、10日はかかるという前提で購入手続きを始めましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

中古車が納車されるまでの流れ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • お手頃価格の車種はコレ!中古車ならかつての人気車が破格に!

  • 良質な中古車の購入方法|年式と走行距離どっちを重視すべき?

  • 欲しい中古車が近所の販売店に無い!遠方のお店で購入する方法

  • 中古車の保証って入る必要ある?知らないと絶対後悔しますよ!

  • 予備検査の基礎知識|車検切れ中古車のコストを最大限節約する方法

  • 中古車定期点検記録簿とは?安心して購入するなら欠かせないアイテム