1. TOP
  2. 中古車は購入前に試乗できる?必ずチェックすべき3つのポイント
Sponsored Links

中古車は購入前に試乗できる?必ずチェックすべき3つのポイント

新車なら必ず購入前に必ず試乗をします。新車の場合は何度も実車に乗ってみて、本当に自分が気に入るのかをじっくり見てから購入するのがふつうですが、中古車となったらどうでしょうか。サッと外観を見て営業マンと話をしてから、ほとんど乗らずに購入に踏み切ってしまうことはありませんか。いえいえ、中古車は絶対に試乗したほうがいいんです。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

中古車それぞれの癖を知るために試乗は必須

中古車には、それぞれの癖があります。新車のころにはそれほど目立たない癖が、中古車になるころには微妙な個体差となって出てきます。ですから、ほしいと思っていた車が中古車市場に出ていたとしても、実際に車に乗ってみることが必要です。

車に乗れば、実際の状態を把握することもできますし、乗り心地、走らせ方などもしっかりわかります。性能的なことは別としても、その車と自分のフィーリングが合うかどうかはドライバー本人にしかわかりません。

具体的な性能を試すこと共に、自分が本当にこの車に乗り続けたいと思うのか。これを確認するためにも、絶対に試乗はするべきなのです。

走行の安定性とアクセル・ブレーキのチェック

では、具体的なチェックポイントを見ていきましょう。まず見るべきは、走行の安定性とアクセル・ブレーキの利き具合です。走行の安定性は最も重要なこと。ハンドルをまっすぐにした場合に車体もまっすぐ進むか、妙なハンドルぶれはないかを確認しましょう。

走行中に強い振動があったら、同乗の営業マンにすぐ確認すべきです。車の安全性にかかわる問題ですから、「いや、たいしたことはありませんよ」などというセリフを信用しないように。また、そんなふうに簡単に答える営業マンのいうことは、あまり信用しないほうがいいかもしれません。

アクセルとブレーキの利き具合は、走行中に何度か軽く踏んでみて確認しましょう。それほどスピードを出さなくてもわかることなので、時速30キロ程度のスピードで走れる場所があれば確認できます。

アクセルは、とくにスタート時の重さを見ておきましょう。ブレーキは踏んだ時に、甲高い音がしないか、止まりたいと思った場所に止まれるかが大事です。

ミッションの状態とメーターの動作確認

次に、ミッションの状態とメーターの動作を確認します。ミッションはDレンジで走行して、シフトアップした時になめらかに動くかどうかがチェックポイントです。シフトアップ時に手に伝わるような大きな衝撃がある場合は要チェックです。MT車が好きな人は、ギアをいれた時に入りにくさがないかどうかを確認しましょう。

メーターの作動状態も、試乗で走行しているときでなければチェックできない点ですね。走りながらメーターを見て、針にぶれが起きないか、水温計や湯温計が妙な動きをしないかを見ていきます。普通に走っていて水温計がレッドゾーンになる車は、理由をしっかり確かめましょう。

中古車の試乗時には、気になる点をすべてお店のスタッフに確認するのが鉄則です。「まあ、これくらいならいいかな」なんて思っていると、購入してから思わぬトラブルにあうかもしれません。

内装のチェックも大事なので試乗は2回以上

内装の確認もお忘れなく。質感はどうか、汚れや破損箇所はないかを、しっかり見ておくべきですね。また座席がどれくらい動くのか、調整が滑らかにできるのかどうかも見ましょう。こういったポイントをチェックするには、同じ中古車でも2回以上の試乗をおすすめします。できれば1回は夜間に試乗をさせてもらいましょう。

明るい昼間と夜では、車の状態が変わる可能性もあります。また、雪国の人はできるだけ雨や雪といった悪天候時に試乗するのがいいですね。いったん中古車を購入したら、雨の日も雪の日も乗る可能性があります(とくに、雨の日の出番は多いでしょう!)。悪条件下でも車が思い通りに走るかどうかは、購入前に見ておきたいですね。

ただし、悪天候下の運転は慎重に。中古車の試乗はドライバーと車の相性確認および機動性の確認です。いくら性能を試したいと言っても、急ハンドルや急ブレーキはNG。一般的に、販売中の車には任意保険はかかっていません。万が一事故が起きたら、ドライバーの責任となります。くれぐれも無茶は禁物です。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車を安く買うために見逃せない5つのコツとは!?

  • 中古車の保証って入る必要ある?知らないと絶対後悔しますよ!

  • 中古車が安くなるのはいつ?超お得な買い時を教えます!

  • 欲しい中古車が近所の販売店に無い!遠方のお店で購入する方法

  • 中古車が納車されるまでの流れ|急ぐとトラブルのもとに!?

  • 予備検査の基礎知識|車検切れ中古車のコストを最大限節約する方法