1. TOP
  2. ドリフト好きを魅了する人気国産車6選!中古車でもサーキット走行は余裕!
Sponsored Links

ドリフト好きを魅了する人気国産車6選!中古車でもサーキット走行は余裕!

ドリフト好きを魅了する人気国産車6選!中古車でもサーキット走行は余裕!

車には主に二つの走行方法があります。一つはグリップ走行、二つ目はドリフト走行です。ドリフトはコーナーに進入時、車を意図的に滑らせてコントロールする技術の事で、日本ではドリフトのモータースポーツがあるなど、ドリフト走行は人気が高い走行方法の一つとなっています。今回は、そんなドリフト走行にお勧めの中古車をご紹介していきます。

Sponsored Links

トヨタ 86

トヨタ 86

トヨタが名車AE86型カローラレビン・スプリンタートレノの型式より命名された、この86は直感ハンドリングFRをコンセプトにスバルと共同開発された、小型FRスポーツカーです。

組み合わされるエンジンは2.0L水平対向エンジンに6速AT及び6速MTとなっています。NAエンジンながら高回転としており、足回りはオーバーステア傾向となっており、コントロールしやすいセッティングとなっています。これは、ドリフト時のコントロール性にも繋がっており、ベース車両にもお勧めです。

また、現行モデルとして発売していることから、ドリフト走行は車両への負担も大きい為、メンテナンスの面でもしやすいのが特徴的です。

日産 シルビア

日産 シルビア

2ドアクーペスタイルとして販売されていたのが、シルビアです。シルビアは直列4気筒エンジンを搭載し、NAモデルとターボモデルの2種類があります。最終モデルであるS15シルビアは、5ナンバーサイズボディにMT仕様で最高出力250PSを誇るハイパワーなエンジンを搭載し、FR駆動とドリフト走行のベース車両に最適です。

また、シルビアは各世代のパーツを流用しやすく、故障時の対応もしやすいことから人気が高い理由の一つとなっています。ただし、生産終了時から年数がだいぶ経ってしまっているので、程度の良い個体を探そうとすると、台数が限られてくるので注意が必要です。

日産 180SX

日産 180SX

S13シルビアの姉妹車として、登場したのがこの車です。エンジンはS13同様のターボエンジン、とNAエンジンが搭載されています。比較的軽量なボディに、FR駆動方式であることから、ドリフトのベース車両に最適です。

また、シルビアとの互換性が高く、共通の部品が多い為、チューニングがしやすいのも人気の理由です。ただし、シルビアと比べ、販売終了から年数が経っている為、状態の良い個体が少ないので注意が必要です。

トヨタ マークⅡ

トヨタ マークⅡ

トヨタのミドルセダンの一つがマークⅡです。最後の直列6気筒エンジン搭載車種の一つでもあります。このマークⅡのスポーツグレードに搭載されるのが、直列6気筒2.5Lターボエンジンです。最高出力は280PSを誇り、FR駆動方式を採用しており、ハイパワーによるリアの滑り出しがしやすいのが特徴的です。

また、このエンジンが頑丈で、故障がしづらいのも人気の理由です。直列6気筒のスムーズさ、手軽に得られるハイパワー車が欲しい方に、お勧めです。

トヨタ チェイサー

トヨタ チェイサー

トヨタのミドルセダンの一つがチェイサーです。この車は、マークⅡと姉妹車であり、共通する部分も多く、互換性も高いです。エンジンはマークⅡと同様のものが搭載されており、最高出力280PSと過給によって得られるトルクによって、リアの滑り出しがしやすいです。また、マークⅡ同様、エンジンは頑丈で故障しづらいのも特徴的です。

チェイサーはマークⅡよりも、スポーティな位置づけとなっており、内外装共にスポーツ仕立てとなっています。マークⅡと中身はほとんど同じですが、外観でのデザインは異なるので、デザインが気になった方にお勧めです。

日産 スカイライン

日産 スカイライン

スカイラインはGT-Rの印象が強いですが、FR駆動方式にターボエンジンを組み合わせたモデルもあり、ドリフト走行のベース車両に最適なモデルもあります。R32~R34に搭載されているエンジンは直列6気筒2.0Lもしくは2.5Lエンジンとなっており、どちらもターボチャージャーによって出力が向上しています。

シルビアや180SXと比べて、スカイラインの方が車格が上という事もあり、ボディも大きく、車重も重くなっていますが、シルビアや180SXよりも直列6気筒によるスムーズさと頑丈さ、そして、よりハイパワー仕様となっているのが特徴的です。

また、ボディ形状は2ドアから4ドアと幅広く、日常的な使い勝手にドリフトとしての使いやすさもあるのが、この車の特徴的です。また、人気車両であることから、アフターメーカーから発売されている社外パーツ品も数多くあり、チューニングしやすいです。

しかし、人気車両の為、中古車価格は高値をキープしており、安価な車両は状態が悪い個体が多いので、注意が必要です。

まとめ

今回は、ドリフト走行するにあたり、お勧めの中古車車両をご紹介しました。どの車両も、ドリフト走行に最適なベース車両としてお勧めです。ボディデザインや、ボディサイズ、エンジン出力の差など、車両によって特徴が異なるので、どの点を優先して選ぶかがポイントとなります。

中古車で購入する際は、なるべくフルノーマル車がお勧めです。チューニング車両の場合、既に改造されているのでチューニング費用を抑える事が出来ると思われがちですが、サーキット走行やドリフト走行によって、車両へのストレスが大きいものが流通している事が多いので、購入後、トラブルに見舞われやすいので注意が必要です。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

ドリフト好きを魅了する人気国産車6選!中古車でもサーキット走行は余裕!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 国産コンパクトカーを中古車で購入しよう!人気の6車種を暴露します!

  • 外車SUVの新車でおすすめの車種は?間違いなくかっこいい6台をピックアップ!

  • コンパクトカー・軽自動車・SUVの不人気車15選!中古車で狙い目のお買い得車種はコレだ!

  • ノア・ヴォクシー・エスクァイアの内装や外装の違いは?高級ミニバンを新車で買いたい!

  • 中古車プリウスと新車アクアどっちが買い?失敗しないハイブリッドカーの選び方

  • SUVとステーションワゴンの違い|お互いの意味を理解してから車種を選ぼう!