1. TOP
  2. 左ハンドルの4WD輸入車を厳選!中古車購入ならこの4台は外せない!
Sponsored Links

左ハンドルの4WD輸入車を厳選!中古車購入ならこの4台は外せない!

左ハンドルの4WD輸入車を厳選!

国産車は快適性と利便性、低燃費にも優れています。しかし、輸入車にはまた国産車とは違った魅力があります。例えば、デザインや走行性能、安全性能など、国が違えば車も違ってきます。特に、4WD車はワイドボディを活かす様なデザインともなっており、インパクトがあります。このインパクトはなかなか国産車にはなく、ワイドボディならではの魅力があります。そして、今回は本来のインパネ及びペダルレイアウトのまま運転する事が出来る左ハンドルの輸入4WD車をご紹介していきます。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

フォード エクスプローラー

フォードエクスプローラーはアメリカ本土において、SUV売上14年間連続ナンバーワンのセールス記録を持つ、人気のSUVです。3列7人乗りとなっており、搭載されるエンジンもV型6気筒3.5LNAエンジンに、直列4気筒2.0Lターボエンジンの2種類となっています。

大型SUVであることから、車重が重いですが、両エンジンとも重量級のボディを引っ張るだけの力があります。また、フォードエクスプローラーは、アメリカンサイズでもあることから、インパクトあるサイズとなっているのも特徴的です。

この車は、3列7人乗りとなっており、多人数乗車の回数も多く、4WD車が欲しい方にお勧めの車です。

ベンツ GLKクラス

ベンツのクロスオーバーSUVの一つが、ベンツGLKクラスです。この車は、同じドイツメーカーのダイムラーが生産し、ベンツブランドで販売していた車です。同社のGLクラスのコンパクトクロスオーバーSUVとして登場しました。

車体サイズは4,530mm~4,550mmとコンパクトであり、見切りの良さも特徴的です。4WDシステムはフルタイム四駆となっており、トルク配分も前輪45%に後輪55%の比率で配分し、また電子デバイスにより、オンロードからオフロードまで様々な路面での安定したトラクション性能を発揮します。

ベンツならではの上質な内外装も特徴的で、プレミアムコンパクトSUVが欲しい方に、お勧めの車です。

ポルシェ カイエン

ポルシェとして初のクロスオーバーSUVとしてデビューしたのが、ポルシェカイエンです。クロスオーバーSUVとして登場しながらも、ポルシェとしてはあくまでも新しい形のスポーツカーとしており、ポルシェのこだわりがつまった一台となっています。

フォルクスワーゲンとの共同開発されたモデルでもあり、フォルクスワーゲンのトゥアレグとは共通のシャシーを使用していますが、カイエンは大排気量のエンジンによるハイパワー、足回り、ボディ剛性の強化など、その内容は異なります。

また、オフロード性能はもちろんのこと、スポーツ性能にもこだわっており、ハンドリング性能、走行安定性能は高いのが特徴的です。スポーティなSUVが欲しい方に、オス目の車です。

シボレー トレイルブレイザー

シボレーの中型サイズのSUVがトレイルブレイザーです。この車は、本格的4WD走行にも最適なボディオンフレームを採用しており、ボディとフレームが別となっています。アメリカ本土では中型サイズですが、日本国内においてはビッグサイズとなっており人気の高い一台となっています。

搭載されるエンジンも大排気量エンジンである、直列6気筒4.2LNAエンジンもしくはV型8気筒5.3LNAエンジンを搭載しており、最高出力は抑え目ながらも、トルク重視のセッティングとなっており、悪路での走破性も重視しています。

また、4WDもフルタイム四駆ではなく、パートタイム4WDシステムを搭載しており、状況に応じて切り替えが出来るようになっています。悪路での走破性も重視したい、本格派SUVが欲しい方にお勧めの車です。

まとめ

今回は左ハンドルの輸入4WD車をご紹介しました。どの車も、国産車よりもワイドボディとなっており、インパクトのある4WD車となっています。また、4WD性能もオンロード、オフロード共に高い走行性能を持っており、幅広いシーンで活躍する事が出来ます。

ただし、中古にて購入する際には、必ず車体の状態をチェックしましょう。国産車と異なり、メンテナンスの程度によって、個体の良し悪しが大きく左右されるので、購入時はその点も重視して購入することをお勧めします。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

左ハンドルの4WD輸入車を厳選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • マニュアル設定のあるコンパクトカーを中古車で買いたい!おすすめの5車種まとめ

  • SUVとステーションワゴンの違い|お互いの意味を理解してから車種を選ぼう!

  • 7人乗りで燃費が良いミニバンはどれがおすすめ?中古車で買いたい4台を大公開!

  • 4WDスポーツカーを中古車で購入したい!人気と性能を兼ね備えた5車種はコレ!

  • アルファードVSエルグランド|現行モデルを新車で買うならどっちがいい?

  • 外車SUVの新車でおすすめの車種は?間違いなくかっこいい6台をピックアップ!