1. TOP
  2. ジムニーとハスラーを比べてみた!どんな人にオススメの車なの?
Sponsored Links

ジムニーとハスラーを比べてみた!どんな人にオススメの車なの?

 2017/09/13 ジムニー   3,368 Views
ジムニーとハスラーを比べてみた!どんな人にオススメの車なの?

ジムニーとハスラーは同じスズキの車であり、見た目はどちらもSUVに見えます。しかし、中身は全く別物だということをご存知ですか?今回はそのジムニーとハスラーの違いについてお伝えしたいと思います。

【電話なし】で査定額が調べられる

「クルマを売るって面倒…」ですよね。

少しでも簡単に。楽してクルマを売りたい方のためのサービスを、実はDMMがスタートさせたんです。

DMMは膨大な買取りデータを収集し、全国の相場価格を算出して買取額として提示してくれるので、車を売るのが面倒だと思っている方、すぐにでも車を持って行って欲しい方、初めてで車の売り方が良くわからないと思っている方に好評です。

面倒な電話対応もありません。

▼DMMオートで愛車の買取相場をチェックするDMM査定額

ジムニーとハスラーの特徴

まずは、ジムニーとハスラーのそれぞれの特徴について見ていきましょう。

ジムニーの特徴

ジムニーの特徴

ジムニーはなんといっても軽自動車ながら本格的なオフロード走行も出来る4輪駆動車です。本格的なオフロード走行を念頭に置いて、設計・製造されている為、設定上4WDしかなく、全車3ドアというのも特徴的です。

また、ジムニーは軽自動車の中で唯一、強度と耐久性を重視してラダーフレームを採用しており、あくまでもオフロード走行の為の軽自動車です。ラダーフレーム車として、現在新車で手に入る軽自動車ではジムニーのみ、普通車まで範囲を広げてみても、トヨタのランドクルーザーやランドクルーザープラド、レクサスLX、のみ該当します。このようにラダーフレームを装着している車は、稀有な存在、かつ本格オフロードを走行する車のみ、採用されています。

そして、このジムニーはサスペンションもリジットアクスル式を採用し、タイヤも大口径のタイヤを装着している点も、悪路を走破出来る為の設計となっています。

ハスラーの特徴

ハスラーの特徴

次にハスラーをみてみると、ハスラーはクロスオーバーSUVとして、設計されており、駆動方式もFFと4WDの2タイプ設定されています。プラットフォームはワゴンRと共用しており、本格的なジムニーとは対照的な構造をしています。

しかし、開発コンセプトとしてアウトドアを好むユーザーを視野に入れており、前後のアプローチアングルや、サスペンションストロークによる最低地上高は、他の軽自動車と比較しても、十分に確保しており、わだちや雪道を十分に走行できるよう設計されているのが、ハスラーの特徴です。

また、デザインも丸形ヘッドライトやメッキ加飾と、デザイン性も考慮されており、環境性、実用性、ファッション性も兼ね備えたクロスオーバーSUVです。

ジムニーとハスラーの燃費

続いてジムニーとハスラーの燃費を比較してみました。

ジムニーの燃費

ジムニーのカタログ燃費(10・15モード)はFR車が14.8km/L~16.4km/L、4WD車が13.2km/L~16.4km/Lとなっています。ただし、これはあくまで理論値であって、実際の燃費はもっと悪いです。

実燃費を計測したところ、高速道路だと9.5km/L、街中メインだと9.0km/Lでした。1年間にかかかるガソリン代を燃費9km/L、リッター135円として計算したところ、年間150,000円もかかってしまいます。最近の軽自動車の燃費性能と比較すると、あり得ないくらい悪いですね。

ですが、これは当然の結果と言えるんです。ジムニーは本格的なオフロード軽自動車であり、山道や雪道などの悪路でも難なく走行することを目的として開発されました。そのため、街乗りなどの実用性を求めるユーザーを対象にはしていないんですね。ジムニーを購入するなら、燃費性能には目をつぶらなければいけません。

ハスラーの燃費

ハスラーのカタログ燃費(JC08モード)はFF車が23.4km/L~32.0km/L 4WD車が23.2km/L~30.4km/Lとなっています。ジムニーと同様これも理論値なので、実燃費を計測してみました。

ハスラー実燃費は高速道路が23.0km/L、街中メインで走った場合は24.0km/Lでした。年間のガソリン代(リッター135円の場合)は58,695円です。ジムニーと比較すると圧倒的に低燃費ですね。

ハスラーは様々なシーンを走行できるアウトドア軽自動車として開発されました。そのため、山道や雪道だけでなく街乗りでの快適さも追求されているんです。これがジムニーの燃費との差として大きく表れています。特にハスラーのアイドリングストップ機能は低燃費に大きく貢献しているので、燃費を追求される方は満足できると思いますよ。

ジムニーとハスラーの価格

次にジムニーとハスラーの新車・中古車価格を比較してみました。

ジムニーの価格

ジムニーの新車価格は1,296,000円~1,625,400円となっています。なお、現在新車で販売されているのは全て4WD車です。一時期FR車が販売されていた時期もありますが、現在新車で手に入るのは4WD車のみです。

ジムニーの中古車価格相場は、FR車で31.7万円、4WD車で155万円となっています。155万円というのは新車顔負けの値段ですね。それもそのはず。ジムニーは中古車市場において絶大な人気を誇っているからです。たとえば、20年落ち走行距離10万キロ超えの車両であっても60万円以上することは珍しくありません。人気が高いので中古車価格もなかなか落ちないんですね。

では、ジムニーを買うなら新車と中古車どちらがオススメかというと、新車をオススメします。その理由は単純に新車価格と中古車価格がそれほど変わらないからです。先述の通り、ジムニーは高年式であっても価格が高いです。100万円以上する中古車もゴロゴロあります。しかも、酷使されて状態の悪い車両も結構出回っています。ですので、同じ価格を出すのなら、状態が良くてキレイな新車の方がオススメです。

ハスラーの価格

ハスラーの新車価格はFF車で1,100,520円~1,590,840円、4WD車で1,221,480円~1,717,200円となっています。一方の中古車価格相場は、FF車で102.7万円、4WD車で150.4万円となっています。新車・中古車価格ともに4WD車の場合はジムニーとそれほど変わりません。

ハスラーは2014年に登場したばかりの新しい車ということもあって、中古車価格は高い傾向にあります。そのため、新車を購入した方がお買い得に思えるかもしれません。ですが、ジムニーとの大きな違いは、状態の良い車両が中古車市場に多数出回っているということです。

ハスラーは登場から間もないということもあり、ハスラーのように酷使された車両が少ないです。中古車価格は高い傾向にあるものの、2014年式モデルですと100万円を切る車両もチラホラと見かけます。しかもそれほど状態は悪くありません。なので、新車・中古車のこだわりが特になければ、中古車を購入した方がお得ですよ。

ジムニーとハスラーの走行性能

最後にジムニーとハスラーの走行性能を見てきましょう。

ジムニーの走行性能

いかがでしょうか?雪道であっても力強い走破性だと思いませんか?これがジムニーの醍醐味です。

ジムニーは「パートタイム式」と呼ばれる四輪駆動方式を採用しています。普段は後輪駆動で走行しますが、悪路を走行する際に手動で四輪駆動への切り替えが可能なのです。

運転席に4WDスイッチが設置されており、それを押すことで前・後輪のジョイントが繋がります。すると前・後輪どちらかが空転しても、片方が駆動力を確保してくれるので、雪道でもスリップせずに走行できるんです。

また、ジムニーには「4WD-L」と呼ばれるスイッチも設置されており、これを押すことで駆動力がさらにアップします。これにより、雪の積もった急斜面や凍結の酷い道路、岩のある道であっても力強く走破することができるのです。

ジムニーを超えるオフロード軽自動車は見当たりません。特に雪道での走破性は目を見張るものがあります。軽自動車でオフロード走行を思いっきり堪能したいならジムニーしか選択肢がありません。

ハスラーの走行性能


ハスラーはジムニーとは異なり、「スタンバイ式」と呼ばれる四輪駆動方式が採用されています。これは通常時にFFで走行し、前輪が空転した場合のみ後輪が駆動力を確保してくれるというものです。

また、「グリップコントロール」と呼ばれる滑走防止装置も付いています。これは、雪道で片輪が空転した場合、空転した車輪のブレーキ制度を高めてくれるものなんです。

「スタンバイ式」「グリップコントロール」の2つの組み合わせによって、動画のような雪道や凍結した道路であってもスリップすることなく走行することができます。

ですが、悪路走行性能はジムニーには遠く及びません。「スタンバイ式」「グリップコントロール」があるとは言え、険しい雪道の下り坂ではさすがにスリップしてしまう可能性があり危険です。オフロード走行ユーザー向けに開発されたわけではないので、これは仕方の無いことと言えます。

ハスラーの走行性能は、雪道・山道などの軽い悪路でも走行できて、なおかつ通常の道路における快適性も兼ね備えたものと言えます。ジムニーのような本格的なオフロード走行には向いていません。

ジムニーとハスラーどっちを買えばいい?

ジムニーとハスラーの決定的な違いは、どちらもSUVですが、オフロード走行性能の差が歴然です。この点を重視するなら、間違いなくジムニーがお勧めです。例えば、雪道やキャンプまでの悪路走行がメインとして使用するならジムニー一択です。

一方、家族ユースが多く、街乗りから遠出までオンロード走行が多く、たまに悪路をというユーザーには5ドアで利便性も高い、ハスラーがお勧めです。

まとめると、悪路を気持ちよく走りたいユーザーにはジムニーで、街乗りから遠出までタウンユースがメインならハスラーを買うのが最も賢い選択になります。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

ジムニーとハスラーを比べてみた!どんな人にオススメの車なの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • ジムニーのグレード選びは慎重に!安全装備や快適面性の違いを暴露!

  • ジムニーの中古車を安く購入する方法|50万円以下でゲットするのも夢じゃない!

  • ジムニーを中古車で購入するときに押さえておきたい3つの注意点

  • パジェロミニとジムニーの魅力を知ろう!購入を迷っているなら要チェック!

  • ジムニーVSジムニーシエラ|走行性能やエンジン性能が優れているのはどっち?

  • ジムニーとスイフトで迷っているなら必見!どちらを購入すべきかひと目でわかる!