1. TOP
  2. 中古車の値引き交渉のコツ|破格で購入するための4つのポイント
Sponsored Links

中古車の値引き交渉のコツ|破格で購入するための4つのポイント

中古車の値引き交渉のコツ|破格で購入するための4つのポイント

車でもなんでも、高額な商品を言い値のままで買う人はいないでしょう。金額が高くなればなるほど、それは正札(定価)であって、販売店の売りたい価格にすぎない点を頭に入れておきたいですね。定価から値引き交渉をするのは、新車でも中古車でも当然です。中古車購入時の値引きはむずかしいと言いますが、交渉のコツってあるんでしょうか。

Sponsored Links

中古車の値引き交渉は客側から働きかける

ちょっと考えてみましょう。新車を購入するときは、値引き交渉を熱心にやりますか?ある程度は下げてくれるように話すかもしれませんが、それほど突っ込んで金額を交渉した経験はないのではないでしょうか。

これは、新車の場合最初から一定の値引きが想定されているからです。売り手側のディーラーにも買い手側のお客にも「ここまでは下げるだろう」とわかっているため、値引き交渉も大変ではありません。なぜなら、新車の価格は定価であってそこからどれだけ下げるのかは、ディーラーの裁量です。つまり、売り手に自由にできる幅が最初から用意されているんです。

しかし中古車の場合は、1台ずつの価格がちがいます。同じ車種の同じグレード、同じ年式の中古車であっても車の状態が全く違うのです。走行距離が違いますし、前オーナーの整備の状態も違います。事故車か、車検の残り期間はどうか、などを加味していくと中古車の売値は1台ずつ違うのが普通なんです。

こうなると中古車販売店の出した価格を信用するしかなく、たいていの販売店はなかなか値引き交渉にのってくれません。

自分の払える金額を検討して「ここまでなら出せる」と伝える

といっても、何も交渉しないまま掲示された金額で購入することはありません。展示してある中古車は売り物ですし、販売店側としてもいつまでも展示しておくよりは1台でも多くの車をお客さんに売りたい。そこで価格交渉・値引き交渉をすることが大事になります。

まずは販売店側と話をして、ほしい中古車の状態をしっかりと聞きましょう。中古車はすでに何年か乗られた車ですから、新車と違って100%問題がない完璧な車ではありません。年式が新しくても走行距離が10万キロを超えているかもしれませんし、大きな傷やへこみがあるかもしれない(そもそも中古車ですから、まったく傷やへこみがない車はありません)。車の機能に問題がなくても、人気のないグレードやカラーの車かもしれません。

こういった中古車の弱点を頭に入れておき、それからこちらの出せる金額を切り出しましょう。もちろん、この時に払える全額を言う必要はありません。まずは資金総額の80%くらいをいい、販売店側の出方をうかがいましょう。

値引き交渉は3日までと考える

値引き交渉に応じてくれそうだと感じたら、先に聞いた車の弱点を上げて「こことここ、ちょっと気になるけど下げてくれたら買おうと思うので」と言ってみましょう。これで販売店から値引きされた金額が提示されたら、いったん家へ帰りじっくりと考えましょう。

じっくりと考えるといっても、いつまでも引き延ばしてはいけません。伸ばしたところでそれ以上の値引き額が出てくることはまれですし、他のお客さんがその車を買ってしまうかもしれません。

中古車の購入はタイミングが大事ですから。値引き交渉ができて、1日じっくりと考えたら買うか買わないかの決断をしましょう。1日以上考えて決まらなければ、あとは迷いが出るばかりです。販売店側には余裕をもって「2~3日だけ考えさせて」と答えて、実質は1日で決めてしまいましょう。

購入を決めたら、すぐに連絡を。そのときに、もう一回だけ値引きを持ちかけてみるといいでしょう。このときは本体価格ではなく、諸経費の部分で引いてもらえるところがないかを尋ねるのです。

最後の値引きはダメでもあっさり引きましょう。ここまできて話がこじれると、販売店側も「あのお客には買う気がないんだろう」と思って、他のお客さんに売ってしまうこともあるからです。

決めるときはタイミングで即決する

販売店側の価格交渉の余地が少ない中古車では、値引き交渉は難しいものだと思いましょう。押すべきところは押して、タイミングよく購入を決めてしまうのがコツです。もし交渉がうまくいかなくても、どうしても欲しい車なら購入するのがおすすめです。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

■買取専門店にお願いする方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。

■スマホですぐに愛車の査定額を調べられます

ズバットの一括査定ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去のデータがあるからこそ愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
高額査定のチャンス

\ SNSでシェアしよう! /

クルマニの注目記事を受け取ろう

中古車の値引き交渉のコツ|破格で購入するための4つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クルマニの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

関連記事

  • 中古車の節税方法って知ってる?税金を節約してゆとりのあるカーライフを実現!

  • 中古車購入時の自動車取得税を0円にする裏技を公開!

  • 中古車購入時のリサイクル料金|仕組みや内訳を理解しよう!

  • 中古車ローンは支払いシミュレーションを活用すると無駄なく返済できる!

  • 納車後は遅い?中古車の任意保険に加入するタイミングとは!?

  • 中古車購入時の名義変更費用はいくらなのか調べてみた